JP/EN
ネットワーク・マネジメント製品

AX-Network-Manager(AX-NM)

「工数増加─ミス誘発」の悪循環を一掃し、日々のネットワーク運用を楽にする運用管理ソフトウェア(サーバ上で動作するソフトウェア)

AX-Network-Manager(AX-NM)

概要

AX-Network-Manager(AX-NM)はネットワーク機器から各種情報を収集し、ネットワーク構成に関わる最新の状況をデータベースで一元管理することを中核に据えたソフトウェアです。
ネットワーク接続状況の自動検出&マップ表示、異常の可視化による障害切り分け支援、単純な変更作業の一括実行、作業手順ガイダンスや作業前の状態への切り戻しなど、日々の運用作業を効率化する機能を実装し、アラクサラ以外のネットワーク機器も管理できます。

【特長1:一元管理】ネットワーク機器から情報を自動取得し、状態・設定を一元管理

  • 登録機器の構成や変更を自動的に把握し、システムの正確な最新状況を即座に把握
  • システムの稼働状況を容易に把握でき、障害発生時の切り分けにも役立てることが可能
  • 物理/論理構成などをとりまとめたドキュメントである「ネットワーク完成図書」をワンタッチで出力

【特長2:作業の効率化】直感的で分かりやすいGUIにより、運用作業者の要求スキルや負荷を軽減

  • 一元管理した情報を、トポロジーマップや装置フロントパネルなどの GUI を使って分かりやすく表示
  • ポートの開閉やVLAN設定などの単純な操作は、GUIから簡単に実行
  • 夜間のソフトウェアバージョンアップや定期的なコンフィグ収集などの作業を、スケジュール実行可能
  • 装置のネットワーク接続時に、設定とファームウェアを自動投入するゼロタッチプロビジョニング機能は、作業の進捗状況表示によって、センターからの指示に従うだけで誰でも確実にスイッチを交換できる

【特長3:マルチベンダー】他社装置にも対応し、既存システムの資産を活かしつつ運用効率化を実現

  • 他社製品(MIB対応)は参照系の機能をサポート (設定系の機能はアラクサラ製品のみ)
  • 他社製品(MIB非対応)の島ハブなど1回線に複数端末が接続されている場合、島ハブが存在すると推定しトポロジマップ上にアイコン表示

構成例

構成例

機能紹介

トポロジ管理

ネットワーク機器/回線/端末の状態をグラフィカルに表示、 ネットワーク管理の敷居を下げて通常職員でも管理可能に

  • GUIで状況把握・操作できるので、専門家不在の状況でも基本的な操作が可能
  • マップ上で簡単な障害切り分けも可能(装置の死活監視、インタフェース状況など)
  • AXシリーズ:装置のフロントマスク表示、単純なネットワーク変更(VLAN管理など)も可能

コンフィグ/ソフトウェア管理

コンフィグとソフトの登録、履歴/差分管理、反映(ロールバック)が可能

  • いままでの管理:取得ファイルを日付フォルダに保存するだけ (参照や差分チェックが面倒)
  • AX-NMの管理:他社もまとめて一元管理、参照やロールバックも簡単に実施可能
機能
登録
履歴
差分表示
反映
コンフィグ管理 AX) ワンタッチで装置から取得
他社ファイルを手動登録
可能 可能 AX) ワンタッチでロールバック
他社) ファイルを手動適用
ソフトウェア管理 ファイルを手動アップ 可能 AX) ワンタッチでロールバック
他社) ファイルを手動適用

ドキュメント出力

マップ単位で機器設定情報やネットワーク接続状態をPDFへ出力

  • ネットワーク完成図書はExcelで人力管理しており、メンテナンスが面倒で間違いが多い
    (Excelの更新忘れ、Excel更新時のケアレスミス、など)
    → Excel が最新であることが担保できず、何か作業をする際は、1台1台スイッチに
    ログインして設定を確認する羽目に・・・
  • AX-NM なら機器同士の接続情報を自動収集してドキュメント出力できるので、手間と間違いを撲滅可能

ゼロタッチプロビジョニング(ZTP)による機器交換

ゼロタッチプロビジョニング(ZTP)機能で、装置交換を簡単・確実に実施

装置のネットワーク接続時に、設定とファームウェアを自動投入し新設/交換時間を大幅短縮

  • センターからの簡単な指示に従うだけで、誰でも確実にスイッチを交換できる
  • 作業の進捗状況表示や、交換前とのケーブル接続先比較チェックなど、便利な機能を搭載

※ケーブル接続先比較チェックは検討中

※対象装置 AXprimo、AX2130S、AX2530S/AX2530SE、AX260A

ユーザ管理

権限レベルに応じたアカウント管理が可能

  • AX-NM を操作するには、Webインタフェースからログイン認証する必要がある
  • 各ユーザには以下の種類の権限を指定でき、権限により操作範囲を限定して運用できる(操作できない項目は、Webインタフェースに表示されない)

タスクスケジューリング

タスク(機器の操作などを実行する単位)をスケジュール登録することで、繰り返しまたは1回のみの自動実行が可能

  • 4種類のタスクをスケジュール実行できる
タスクの種類
スケジュール登録可否
コンフィグレーションの取得
ソフトウェア管理
ソフトウェアの更新
バックアップの取得(ZTP用のコンフィグ+ソフト)
ゼロタッチプロビジョニング(ZTP)による機器交換 ×
  • 深夜/早朝の作業や、定期的なバックアップなどに利用可能
  • 複数の機器を対象にしたスケジュール実行も可能

VLAN管理

対抗装置間で設定を合わせなければならない VLAN 設定も、直感的に GUI から変更可能

  • マップ上で VLAN の設定状況を確認可能(設定範囲をハイライト表示)
  • スタンダードライセンスを適用することで、VLANの編集(追加・変更・削除)も可能
    • 既存 VLAN の延伸や変更が簡単にできるので、ちょっとした作業は自主でやることもできる
    • 純なネットワーク変更作業であれば、ネットワークに不慣れな人員でも対応可能
  • ※ VLANの編集を利用するにはスタンダードライセンスが必要です

ポート状態変更

誰でも簡単にポートを閉塞/解放できる

  • 正面パネルの GUI からポートを指定して操作可能(ポートの閉塞/解放など)
  • 他社製品など正面パネル未対応の機器は、インタフェース情報の
  • アドミニストレータとネットワーク管理者の権限があるユーザが対象

※ ポート状態変更を利用するにはスタンダードライセンスが必要です

仕様

AX-Network-Manager 製品仕様
OS Linux CentOS 7/8(64bit), Red Hat Enterprise Linux 7
CPU 最新のマルチコアプロセッサ (8コア以上を推奨)
必須メモリ 8GB以上
ディスク容量 300GB以上
サポート機器 AX8600S/AX8300S/AX6700S*1/AX6600S*1/AX6300S*1/AX4600S/AX3800S/AX3600S/
AX2500S/AX2200S/AX2100S/AX1200S*1/AXprimoM210/AX260A,AX8600R*1/AX620R*1, 他社L3/L2スイッチ*1
管理最大機器数 300台(1000台まで拡張予定)
  • *1:標準MIBに対応している機器が対象、エッセンシャル機能のみサポート(確認できる情報や操作に制限があります)
  • AX-Network-Managerはサブスクリプション方式のソフトウェア製品です
  • 本製品の継続利用や、バージョンアップ等のサポートサービスをご希望の場合は1年ごとに契約の更新が必要です。
  • 各ライセンスの説明
    • 基本ライセンス:本製品を利用するにあたって必須のライセンス、スイッチ10台まで管理可能
    • エッセンシャル機能:トポロジ管理/コンフィグ管理/ソフトウェア管理/ドキュメント出力など、参照系の機能およびゼロタッチプロビジョニングをサポート
    • スタンダード機能:エッセンシャル機能に加え、VLAN設定/ポート状態変更など、設定系の機能をサポート
ご質問・資料請求・⾒積依頼など
以下のフォームより
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

ページトップへ戻る