ネットワークインフラの分野で技術革新が起きると、それに対応するためにさまざまな業務が発生します。この記事では、そうした技術革新によってIT担当者が行わなければならない業務内容や、技術革新に業務を左右されないためのネットワークインフラ構築の方法について紹介します。

■技術革新への対応が求められるネットワークインフラ

近年、情報技術分野では技術革新が進んでおり、サイバー空間と現実空間の高度に融合した未来社会像であるSociety 5.0や、デジタル技術による生活様式の変革を指すDX(デジタルトランスフォーメーション)が注目されています。
こうした技術革新の波は、ネットワークインフラ構築の分野にも迫っています。そのため、企業のIT担当者は技術革新が発生するたびにシステムを切り替えるなど、さまざまな対応に追われることは想像に難くありません。
具体的に、技術革新によってどのような業務が発生するのでしょうか。以下では、発生が予想される業務を紹介します。

■ネットワークインフラの技術革新によってIT担当者に発生する業務

技術革新によってIT担当者が行うことになる業務として、次の3つが挙げられます。

ネットワーク機器のアップデートや入れ替え

1点目はネットワークインフラ機器のアップデートや入れ替え業務です。技術革新が起こると、新たな技術やシステムに対応したネットワーク機器を導入したり、アップデートを行ったりする必要があります。
機器の入れ替えやアップデートを実施する場合、事前に社内にアナウンスし、現状の環境のバックアップを取っておくなどさまざまな手間がかかりますが、こうした業務はIT担当者が担うのが一般的です。

ネットワーク完成図書の再制作

2点目はネットワーク完成図書の再制作です。ネットワーク完成図書とは、ネットワークの物理/論理構成やトポロジー、装置情報などをまとめたドキュメントを指します。技術革新によりネットワーク構成の見直しを迫られた場合、現状の物理/論理構成などを取りまとめ、新たなネットワーク完成図書を作成する必要があるため、IT担当者の業務負担が増大します。

なお、下記の記事ではネットワーク完成図書を効率的に作成する方法などを紹介していますので、ご関心のある方はあわせてご覧ください。

ネットワークにおける完成図書の作成を効率化するには

投資対効果の分析

3点目は投資対効果の分析です。新たなネットワークインフラの導入はIT投資であるため、それによってどのような効果が生まれたのかを測定・分析する必要があります。大企業を中心に、IT投資のパフォーマンスに対する経営層の目は厳しくなっているため、IT担当者は投資対効果を正確に把握し、その意義を経営層に説明する場面を想定しなければなりません。
しかし、生産設備とは異なり、ネットワークインフラの投資はキャッシュフローなど財務指標との関連性が見えにくく、投資対効果を測定しにくい難点があります。財務指標による評価とは別の複雑なアプローチが求められることもあり、どうしても担当者の業務負担は大きくなります。

このように、技術革新が起きると、それに合わせてIT担当者はさまざまな業務に従事しなければならず、大きな負荷がかかります。業務負荷を軽減するためには、技術革新に左右されないネットワークインフラを構築することが重要です。そこで以下では、そうしたネットワークインフラを構築するために取り組むべきことを紹介します。

■技術革新に左右されないネットワークインフラ構築とは

技術革新に左右されないネットワークインフラを構築するには、ネットワーク利用型(サブスク型)のサービスを利用することが重要です。
ネットワークインフラを導入する場合、大きく分けて「所有型」と「利用型」という2種類の方法があります。所有型はネットワーク機器を自社で購入し、会社で所有・管理する形式です。しかしこの場合、システム更新やネットワーク機器の入れ替えなどの際に、前述のようなさまざまな手間がかかり、担当者の業務負担が増えます。
一方、利用型は機器を購入せず、月額利用(サブスクリプション)などでサービスの提供を受ける形式です。機器だけでなく、メンテナンスや運用・監視なども一体的に提供されるケースも珍しくないため、アップデートや機器の入れ替えといった手間を削減できます。また、月に一定の額を支払う形式のため費用を計算しやすく、投資対効果の測定・分析が容易になることも利点です。

以下では、技術革新に伴う業務負担を軽減してくれる利用型サービスを紹介します。

■ネットワーク利用型の「ALAXALAネットワークサービス」がIT担当者をサポート

ネットワーク利用型の「ALAXALAネットワークサービス」なら、技術革新に左右されないネットワークインフラの構築が可能です。
ルータや無線LANなどの機器、メーカーによる保守、運用・監視、利用状況の可視化サービスなども含めた機能をトータルで月額利用できます。新製品だけでなくメーカー保有品もサポート付きで利用できるため、コストを最適化し、投資対効果の向上も図れます。

技術革新が進むこれからの時代に適した「ALAXALAネットワークサービス」にご関心の方は、下記よりお問い合わせください。

https://www.alaxala.com/jp/support/network/network.html