鉄道

交通系ICカードの相互利用、駅構内の音声案内システムや遅延情報のリアルタイム配信など、鉄道システムのIT活用は日々発展しています。今後も新たなサービスが次々と登場することが予想され、鉄道システムを支えるネットワークの役割はますます大きくなります。
人々の移動手段となる鉄道は、「止まらない」ことが何よりも重要視されるため、そのインフラである鉄道ネットワークにも同様の信頼性が期待されます。各駅を結ぶ広域に敷設されたネットワークには、大容量のデータを24時間365日休み無く転送するタフさが求められているのです。
さらに、無人駅などの劣悪でメンテナンスの難しい環境下でも安定して動作する、そんな製品が必要とされることも無視できません。

鉄道ネットワークで外せないポイント

  • 各駅を結ぶ広域に広がるネットワークを、高信頼・低コストで構築する
  • 多種多様なサービスが交錯する中で、万全のセキュリティを確保
  • 空調があるとは限らない設置環境でも、安定的に動作可能なスイッチ

利用者サービスの停止を防ぐ、信頼あるネットワークの実現

もしも、駅構内のサービスやシステムが一斉に停止したらどうなるでしょう?
大混乱に陥るだけでなく、場合によっては重大な事故を招く可能性があります。多くのシステムがネットワークに接続されている現在では、ネットワークの停止は致命傷となりかねません。トラブルの元であるSTPを使わず、障害時の影響を最小限に抑え、事業を継続できるネットワークが必要です。
また、多くのサービスが相乗りするネットワークは、帯域の確保も重要な課題です。交通系ICカードによる決済サービス、グループ会社との情報共有や連携、デジタルサイネージの普及など、帯域はいくらあっても足りません。

これらの課題を解決するには、リングプロトコル(リングネットワーク)が最適です。高速切替も可能なリングプロトコルは可用性に優れるだけでなく、拡張性も抜群です。複数のリングを連結したマルチリング構成が可能、スイッチ増設時の手順が容易など、必要に応じて拡張しやすくなっています。また、スター型に比べてケーブル敷設コストを削減できるので、基幹リングの10G/40G化なども、比較的安価に実現できます。
さらに、AX3650SとAX3830Sではスタック機能を併用することで、拠点や駅構内のスイッチを冗長化することができます。フォールト・トレラント・ネットワークが実現するシンプルな冗長で、さらなる信頼性向上が可能になります。

鉄道ネットワークのトータルセキュリティを確保

多種多様なサービスが集約される鉄道ネットワークでは、マルチテナントの機能が必要です。ICカード、公衆無線LAN、音声案内サービスから、グループ会社の情報共有、監視カメラ映像など、非常に多くのサービスが集約されています。情報漏えいの観点から各ネットワークのセキュリティ確保は、最低限必要です。かと言って、サービスごとに別々のネットワークを構築するのは現実的ではありません。
アラクサラの「ネットワーク・パーティション」なら、ネットワークを論理的に分割することで各システムの独立性を維持し、セキュリティを確保します。また、設備を増設することなくサービスを追加できるのも、仮想化の大きなメリットです。

厳しい設置環境でも安定して動作する、タフなスイッチを配置

機器の設置場所は、空調の行き届かない場所や無人駅などの厳しい環境の場合があります。「埃や塵が入って故障した」「動作温が上がり、オーバーヒートして故障した」などの言い訳は通用しません。厳しい環境であることをあらかじめ考慮し、ネットワークを構築する必要があります。
AXシリーズのファンレスモデルを使用すれば、埃や塵によるトラブルから開放され、0℃〜45℃において安定した動作を保証します。さらに温度条件が厳しい環境には、-10℃〜50℃で動作可能な耐環境スイッチAX1250Sを推奨しています。

安全な運行を支える監視カメラの重要性

中央司令室から駅の待合室やホームの様子をモニタリングしたり、駅構内の防犯対策など、乗客の安全を守るために監視カメラは欠かせません。さらに、線路上を監視するカメラを配置すれば、積雪量の確認や土砂災害などを視覚的に確認することで、乗客への安全配慮がより向上します。したがって、ネットワーク障害が発生した場合は直ちに復旧し、映像が途切れないようにすることが重要です。
アラクサラのフォールト・トレラント・スイッチ(FTスイッチ)はマルチキャストのノンストップフォワーディングに対応しているため、万が一の障害時でも、監視カメラのサービスに影響を与えることなくネットワークを復旧することが可能です。1台の装置に2台分の機能を実装し、障害時はハードウェアによる高速切替(50ms)で瞬時の復旧が可能なため、鉄道ネットワークのコアスイッチとして最適です。

長く使ってライフサイクルコストを削減

鉄道と同様に、ネットワークも長く使い続けたいものです。アラクサラの「ロングライフソリューション」を導入すれば、最長10年までメーカサポートを受けることができます。これにより、従来は5〜6年で発生していた機器購入コストを大きく削減することが可能になります。

ネットワーク構成イメージ

スイッチ

L3シャーシ

AX6700S/
AX6600S/
AX6300Sシリーズ

キャリアクラスの高信頼・高機能はそのままに、「止まらないネットワーク」を実現するエンタープライズ向け10ギガビットスイッチ。

最短50msで切替可能なリングネットワーク、仮想ネットワークで各サービスを独立。

L3ボックス

AX3800Sシリーズ

中小規模ネットワークのコアスイッチや高速大容量化の著しいデータセンターに最適な、10G多ポート収容ボックス型レイヤ3スイッチ。

スタック機能と併用で10G基幹リングの構築に最適、仮想ネットワークで各サービスを独立。

AX3600Sシリーズ

基幹ルータの高信頼・高機能をコンパクトに凝縮し、コアから拠点接続まで幅広いシーンに最適なギガビットレイヤ3スイッチ。

スタック機能と併用でギガビット支線リングの構築に最適、仮想ネットワークで各サービスを独立。

L2ボックス

AX2500Sシリーズ

フロアからディストリビューションまでレイヤ2環境のあらゆる悩みを解決する、高機能と高信頼性をめざしたハイエンドのギガビットレイヤ2スイッチ。

低コストなギガビットリング。

AX2200Sシリーズ

高速性とハイコストパフォーマンスを両立した、モバイル環境のフロアスイッチに最適なギガビットレイヤ2スイッチ。

デジタルサイネージや監視カメラの収容に最適(PoE対応)。

AX1200Sシリーズ

エッジネットワークで強固なセキュリティを確立する、フロアスイッチに最適なファーストイーサネット・レイヤ2スイッチ。

耐環境スイッチ(AX1250S)、監視カメラの収容に最適(PoE対応)。

ネットワークマネジメント製品

Open Autonomic Networking (OAN)

OAN(Open Autonomic Networking)コンセプトに基づく先進の管理ツール群。ネットワークを統合的・効率的にマネージメントできる機能と、わかりやすいGUIによる高度な作業の自動化により、運用性を飛躍的に向上。

アラクサラリング
STPを排除し、拡張性に優れたシンプルなネットワーク構成が可能なリング型ネットワーク。 各拠点が分散、万が一の経路切り替えが高速など、大規模ネットワークに最適なプロトコルです。
フォールト・トレラント・ネットワーク
「止まらないネットワーク」を実現するフォールト・トレラント・ネットワーク(FTネットワーク)。システムの信頼性を高め、かつシンプルなネットワークを構築することができます。
セキュア仮想ネットワーク
セキュリティインシデントの効果的な防止策は、ネットワークのセキュリティレベルを仮想化技術により、高度に確保することで対応できます。
ネットワークの仮想化
ネットワークの仮想化を低コストで実現し、セキュリティの確保、運用管理の負荷を低減する「ネットワーク・パーティション」。
耐環境スイッチ
高い耐熱性、防塵性を両立した、高機能な耐環境スイッチを用意しています。
ダイナミック省電力システム
必要なとき必要な部分に電力供給し、不要な部分は電力供給を削減・停止して、ムダな電力消費を抑えます。システム全体の省電力化を目指した先進的な技術です。
省エネ法への取り組み
アラクサラは、環境技術への先駆的・継続的な取組みにより、省エネ法をいち早く遵守し、トップランナー基準をクリア。これにより、大きな節電効果を得ることができます。
ロングライフソリューション
長期使用のニーズに応え、設備投資の低減や環境負荷軽減を実現するロングライフソリューション。最長10年の長期稼動が可能です。