自治体

「電子市役所」という言葉も普及してきた現在、ネットワークを通じて住民へ公共サービスを提供することは、より身近で便利なものとなってきました。しかし、裏を返せば自治体ネットワークの障害は、公共サービスの完全停止にもつながりかねない大問題となります。そのため、「止まらない」ネットワークの構築が非常に重要なポイントとなります。
また、戸籍や住民票などの情報が行き交う住民情報系ネットワークの構築では、国が定めたガイドラインにより、通常の業務ネットワークと分離することが義務付けられています。
しかし、各ネットワーク別に機器を用意し、フィルタ設定などでセキュリティを確保するのにはコストと運用の両面で限界があります。

「止まらない」「セキュアな」ネットワークを適正なイニシャルコスト/ランニングコストで構築することが、経費削減の目が厳しい自治体では求められているのです。

生活の基盤を支える自治体ネットワーク構築のポイント

  • 「つながらない」では済まされない。可用性の高いネットワークが何よりも重要
  • 住民情報を確実に守る。仮想ネットワークでコスト削減とセキュリティ確保を両立
  • 住民サービスの向上や公共施設の連携に欠かせない、広域のネットワークインフラ

高い信頼性を確保しながら、装置台数を削減して省スペース・省エネも促進

オンラインでの住民サービスが当たり前になった現在、住民の生活に直結したネットワークは、何よりも「止まらない」ことが求められています。従来は、STPによる冗長化が主流となっていましたが、複雑なためトラブルの原因となりがちで、管理コストがかかります。アラクサラのフォールト・トレラント・ネットワーク(FTネットワーク)なら、トラブル要因を排除し、万が一の障害にも高速で復旧が可能となります。また、規模やコストに合わせて、FTスイッチ/ Virtual Redundant System (VRS)/スタック機能を選択することができます。その際、複数台のスイッチを集約することで、管理コストが大幅に低減されると共に、省スペース化と省エネも同時に実現できます。

機器を増やさずにネットワークを仮想的に分離、住民情報のセキュリティを低コストで確保

スイッチを削減したからといって、住民情報系ネットワークと事務系ネットワークを分離できなくなるわけではありません。物理的に分離した場合と同レベルの独立性を維持したままネットワーク構成する手段として、アラクサラはネットワークを仮想化する「ネットワーク・パーティション」を用意しています。ネットワーク・パーティションによりネットワークを論理的に分割できるため、外部からだけでなく事務系ネットワークから住民情報系ネットワークへの不正侵入ができません。VRFとVLANという、既存のLANスイッチの技術を組み合わせたネットワーク仮想化ソリューションなので、投資コストを最小限に抑えられるのも、大きなメリットです。

地域公共ネットワークや情報ハイウェイを安価に実現

電子市役所が普及したことに加えて、教育・防災・医療などのサービスなどが相互に連携したネットワークが機能しはじめています。図書館では電子書籍の貸し出しが検討されるなど、地域ネットワークはより私たちの身近なものになりつつあります。このような住民サービスを支える広域のネットワークインフラには、リングプロトコル(リングネットワーク)が最適です。柔軟性や拡張性のあるネットワークを構築できるだけでなく、高速切替にも対応しているので、万が一の障害時にもサービスが停止することはありません。
さらに、「ネットワーク・パーティション」を組み合わせることで、各サービス間のセキュリティを確保したり、「スタック機能」を併用(AX3650SとAX3830Sでサポート)することで拠点のスイッチを冗長化することもできます。

ネットワークダウンの原因となるループ障害に自動対応

職員のケーブル誤接続によるL2ループも、アラクサラのスイッチは自動検知してネットワークのダウンを防止するので、高い信頼性を維持したネットワーク運用が可能になります。

熟練者不在でも可能な機器交換

アラクサラのスイッチは、バックアップやリストアなどの作業をスピーディに自動実行できる「SDカードスクリプト機能」をサポートしています。SDカードの抜き挿しのみのコマンドレス作業なので、熟練者が不在でも安全・確実な作業が可能です。

節電対策に抜群の効果を発揮するアラクサラのスイッチ

アラクサラの「ダイナミック省電力システム」の機能を使うことで、サービス提供時間外の無駄な電力をカットすることができます。また、アラクサラのスイッチはトップランナー基準をクリアしているため、既存の装置とリプレースするだけで大きな省エネ効果が見込めます。

ネットワーク機器の長期安定稼動ニーズに対応

経費削減の目が厳しい自治体では、頻繁な機器のリプレースは難しいものです。アラクサラの「ロングライフソリューション」なら、最長10年までのメーカサポートを提供できるので、機器を長く使ってライフサイクルコストの大幅な削減が可能になり、課題を解決することができます。

ネットワーク構成イメージ

スイッチ

L3シャーシ

AX6700S/
AX6600S/
AX6300Sシリーズ

キャリアクラスの高信頼・高機能はそのままに、「止まらないネットワーク」を実現するエンタープライズ向け10ギガビットスイッチ。

仮想ネットワークで住民系や事務系のセキュリティを独立、シンプルで可用性の高いFTスイッチ。

AX4600Sシリーズ

ボックス型の手軽さとシャーシ型の拡張性の両立を追求した、未踏の領域を切り拓くハイパフォーマンスなクロスオーバー型スイッチ

仮想ネットワークで住民系や事務系のセキュリティを独立、シンプルな冗長のコアスイッチ(VRS)、10Gへのマイグレーション対応。

L3ボックス

AX3800Sシリーズ

中小規模ネットワークのコアスイッチや高速大容量化の著しいデータセンターに最適な、10G多ポート収容ボックス型レイヤ3スイッチ。

仮想ネットワークで住民系や事務系のセキュリティを独立、スタック&リングで広域ネットワークインフラに最適。

AX3600Sシリーズ

基幹ルータの高信頼・高機能をコンパクトに凝縮し、コアから拠点接続まで幅広いシーンに最適なギガビットレイヤ3スイッチ。

仮想ネットワークで住民系や事務系のセキュリティを独立、スタック&リングで広域ネットワークインフラに最適。

L2ボックス

AX2500Sシリーズ

フロアからディストリビューションまでレイヤ2環境のあらゆる悩みを解決する、高機能と高信頼性をめざしたハイエンドのギガビットレイヤ2スイッチ。

低コストなギガビットリング、ディストリビューションにもフロアにも対応可能、簡単障害対応(ループ検知、SDカード)。

AX2200Sシリーズ

高速性とハイコストパフォーマンスを両立した、モバイル環境のフロアスイッチに最適なギガビットレイヤ2スイッチ。

無線APの収容に最適(PoE対応)、簡単障害対応(ループ検知、SDカード)。

AX1200Sシリーズ

エッジネットワークで強固なセキュリティを確立する、フロアスイッチに最適なファーストイーサネット・レイヤ2スイッチ。

無線APの収容に最適(PoE対応)、簡単障害対応(ループ検知、SDカード)。

ネットワークマネジメント製品

Open Autonomic Networking (OAN)

OAN(Open Autonomic Networking)コンセプトに基づく先進の管理ツール群。ネットワークを統合的・効率的にマネージメントできる機能と、わかりやすいGUIによる高度な作業の自動化により、運用性を飛躍的に向上。

フォールト・トレラント・ネットワーク
「止まらないネットワーク」を実現するフォールト・トレラント・ネットワーク(FTネットワーク)。システムの信頼性を高め、かつシンプルなネットワークを構築することができます。
セキュア仮想ネットワーク
セキュリティインシデントの効果的な防止策は、ネットワークのセキュリティレベルを仮想化技術により、高度に確保することで対応できます。
ネットワークの仮想化
ネットワークの仮想化を低コストで実現し、セキュリティの確保、運用管理の負荷を低減する「ネットワーク・パーティション」。
アラクサラリング
STPを排除し、拡張性に優れたシンプルなネットワーク構成が可能なリング型ネットワーク。 各拠点が分散、万が一の経路切り替えが高速など、大規模ネットワークに最適なプロトコルです。
コマンドレス保守
SDカードを差し込むだけで装置のバックアップやリストアを簡単かつ迅速に実現し、装置交換時のダウンタイムを大幅に軽減することができます。
オープン・オートノミック・ネットワーキング(OAN)
GUI操作で、ネットワーク機器の情報収集や設定を可能にし、煩雑な作業からの開放や効率的な運用管理を実現するネットワーク管理ツールを用意しています。
ダイナミック省電力システム
必要なとき必要な部分に電力供給し、不要な部分は電力供給を削減・停止して、ムダな電力消費を抑えます。システム全体の省電力化を目指した先進的な技術です。
省エネ法への取り組み
アラクサラは、環境技術への先駆的・継続的な取組みにより、省エネ法をいち早く遵守し、トップランナー基準をクリア。これにより、大きな節電効果を得ることができます。
ロングライフソリューション
長期使用のニーズに応え、設備投資の低減や環境負荷軽減を実現するロングライフソリューション。最長10年の長期稼動が可能です。