本文へジャンプ

JP/EN

住商情報システム、マクデータ・ジャパン、アラクサラネットワークスが高信頼な災害対策バックアップ・リカバリーソリューションを共同開発

~災害時のITデータ喪失を防止する企業活動継続ソリューションを住商情報システムが提供~

2006年7月20日
住商情報システム株式会社
マクデータ・ジャパン株式会社
アラクサラネットワークス株式会社

住商情報システム株式会社(代表取締役社長:阿部 康行、以下SCS)、マクデータ・ジャパン株式会社(代表取締役社長:石本 龍太郎、以下 マクデータ)、アラクサラネットワークス株式会社(代表取締役社長:和田 宏行、以下 アラクサラ)の3社は、災害による企業内のITデータ喪失を防止するための高信頼な災害対策バックアップ・リカバリーソリューションを共同開発しました。

ストレージ ネットワーキング ソリューションのリーディング プロバイダであるマクデータは、国産イーサネットスイッチとしては初めてアラクサラの「AX3630Sシリーズ」を、同社のストレージネットワークエクステンション機器の「UltraNet Storage Director eXtended (USD-X)」と「UltraNet Edge3000 (Edge3000)」の公式サポート機器に認定、SCSはこれらの製品を組み合わせて、企業の災害時リスクを大幅に低減可能なバックアップ・リカバリーソリューションを、マクデータ、アラクサラと共同で提供していきます。

近年、サーバ・ストレージの統合を進める企業が増えており、ストレージサービスの国内市場は近い将来2000億円規模(年間)に達すると予想されます。その一方で、災害時やインシデント*1発生時のサーバ・ストレージの障害は、短時間で連鎖的に拡散し、複雑に影響を及ぼしあうので、予想を超えた被害を引き起こす可能性があります。このため個々の企業の事業活動に大きな被害をもたらすだけにとどまらず、社会全体に大きな影響を与える危険性が年々増大しています。ITシステムで取り扱われる情報量はますます増加しており、またITシステム自体の複雑化、大規模化が進んでいます。そこで、日々の事業活動に関わるインプットやアウトプット、たとえば取引データ、財務、生産管理、顧客・営業情報などを災害から、いかに保護し、バックアップし、障害発生後に速やかかつ確実に復旧できるかが、企業が事業活動継続し社会的責任を果たすために重要な鍵となっています。

今回の災害対策バックアップ・リカバリーおよびビジネス継続性ソリューションは、世界でNo1の導入実績を持つマクデータの災害対策ソリューション機器と高い信頼性を持つアラクサラのIPネットワーク機器とを組み合わせることにより、メインフレームからオープン系のサーバ、広帯域から狭帯域の通信ネットワークといったさまざまな環境やニーズに対して、災害に備えるためのパックアップを確実かつ高品質で実現し、迅速なデータ回復をサポートします。万一災害等の影響で利用しているネットワークの回線品質が悪化した場合でも、マクデータ「Edge3000」、「USD-X」と、アラクサラ「AX3630S」を組み合わせることで、その影響を最小限にとどめ、安定したパフォーマンスでバックアップ・復旧を実施し、画像・音声・データ統合通信環境にも対応可能であるといった特長を備えています。SCSは今回3社で開発した災害対策バックアップ・リカバリーソリューションを、日本国内向けに販売していきます。

3社では、このソリューションを今後3年間で60億円販売していく計画です。

マクデータのUltraNetシリーズは、WAN回線を利用してストレージシステムを拡張することのできる製品群です。IPをはじめ、ATM*2、SONET*3/SDH*4等の各種プロトコルに対応しており、長距離接続を行うことで離れたSAN*5/ストレージ同士やテープ/プリンターといった周辺装置などをリモート接続することができます。また、オープン系向けのFC*6プロトコルに加え、「USD-X」は、FICON*7/ESCON*8/Bus&Tag*9、「Edge3000」は、FICONといったプロトコルに対応しているので、メインフレーム向けの災害対策もご提供することが出来ます。

相互接続検証を通して、マクデータは、災害対策バックアップ・リカバリーソリューションとして、アラクサラのイーサネットスイッチがキャリアルータ並みの機能や高信頼化機能を豊富に備えていること、かつこれらの機能や動作が安定していること、及び高信頼設計による機器単体の信頼性の高さが、災害時の確実なデータバックアップと迅速な回復に有効であることを確認しました。

アラクサラはギャランティード・ネットワークの概念に基づき、快適で安心して使える社会インフラとしての製品を提供する一環として、基幹ルータ並みのルーティング機能や、回線冗長、障害時迂回などの高可用・高信頼化機能をはじめ、きめ細かな通信品質保証機能や、セキュリティ機能を備えた小型ボックスタイプのハイパフォーマンスなコンパクト・ギガビット・マルチレイヤイーサネットスイッチ「AX3630S」を提供しています。拠点間接続や、構内LAN、画像・音声・データ統合ネットワークに最適です。

「アラクサラ、住商情報システムと提携し、この卓越した高い災害対策ソリューションを日本市場に提供できることを、嬉しく思っています。 今回、マクデータはストレージネットワークエクステンション機器のUSD-XとEdge3000の公式サポート機器として、初めて日本の国産製品であるアラクサラのAX3630Sシリーズを認定しました。」(マクデータ・ジャパン代表取締役社長 石本龍太郎)

*1
インシデント:Incident。ITシステムでは情報管理やシステム運用上の脅威現象や事案をさす。
*2
ATM:Asynchronous Transfer Mode。1回線を複数の論理チャネルに分けて同時通信を実現する多重化方式の一つ。
*3
SONET:Synchronous Optical Network。光ファイバーを用いた高速デジタル通信方式の一つでBellcoreが提唱。
*4
SDH:SONETを国際電気通信連合・電気通信標準化セクタ(ITU-T)で標準化したもの。
*5
SAN:Storage Area Network。外部記憶装置間、及び記憶装置とコンピュータ間を結ぶ高速なネットワークのこと。
*6
FC:Fibre Channel。コンピュータとストレージなどの周辺装置を結ぶためのデータ転送方式の一つ。
*7
FICON:Fiber Connection。ESCONアーキテクチャーを拡張した高速化対応の入出力チャネル。
*8
ESCON:Enterprise System Connection。IBMがメインフレームとストレージなどの周辺装置を繋ぐ光ファイバーチャネルとして開発、Bus&Tagに取って代わるもの。
*9
Bus&Tag:Bus and Tag channel。IBMが開発したメインフレームとストレージなどの周辺装置を繋ぐチャネルで、銅線のパラレル接続で実現。

住商情報システム株式会社について

住商情報システム株式会社(SCS)は、住友商事グループのIT分野での中核企業として、ワールドワイドに収集した技術情報をもとに、システム開発・運用力を基盤とする業界最高度の自社技術と、"Best of Breed"と呼べるITプロダクツとを創意工夫をもって組み合わせ、お客様の個別ニーズとビジネス環境に最も適合した真に有用なIT製品・サービスを提供いたします。

住商情報システム株式会社について
会社名 住商情報システム株式会社
設立日 1969年10月25日
代表者 代表取締役社長 阿部 康行
所在地 東京都中央区晴海1-8-12 晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーZ
従業員数 3,043名 (2006年3月末現在 連結ベース)
URL

マクデータ・ジャパン株式会社について

McDATA (Nasdaq: MCDTA/MCDT) は、SAN、MANやWANなどのあらゆる環境において、情報インフラストラクチャの構築、接続、最適化、中央で管理することを可能にするストレージ ネットワークソリューションをご提供するリーディング企業です。SANの製品、サービス、ソリューションの開発における25年以上の経験に基づいたMcDATAは世界中のデータのおよそ 2/3 を接続する世界最大規模の各データセンターのパートナーから幅広く信頼を寄せられています。

マクデータ・ジャパン株式会社について
会社名 マクデータ・ジャパン株式会社
設立日 2000年10月16日
代表者 代表取締役社長 石本 龍太郎
所在地 東京都中央区築地6-16-1 ダヴィンチ築地ビル6階
従業員数 約1,600名 (2005年11月末現在、グローバル社員総数)
URL

アラクサラネットワークス株式会社について

アラクサラネットワークス株式会社は、「快適で安心して使えるネットワークを世界の人々に提供し、豊かな情報通信社会の実現に貢献」を企業理念としています。情報ライフラインを支える概念としてギャランティード・ネットワークを提唱し、ネットワーク構築に必要な基幹系ルータおよびスイッチの開発から設計、製造、販売、保守のサービスを提供しています。

アラクサラネットワークス株式会社について
会社名 アラクサラネットワークス株式会社
設立日 2004年10月1日
代表者 代表取締役社長 和田 宏行
資本金 55億円
所在地 神奈川県川崎市幸区鹿島田890  新川崎三井ビル西棟
従業員数 約340名  (2006年3月末現在)
URL

商標名称等に関する表示

イーサネットは、富士ゼロックス(株)の登録商標です。
その他本文に記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

製品に関するお問い合わせ先

住商情報システム株式会社
マクデータ・ジャパン株式会社
アラクサラネットワークス株式会社 営業本部

報道機関お問い合わせ先

住商情報システム株式会社
マクデータ・ジャパン株式会社
テキスト・ワンハンドレッド・ジャパン株式会社(マクデータ・ジャパン株式会社PR代理店)
アラクサラネットワークス株式会社

このプレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、最新の情報と異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

ご質問・資料請求・⾒積依頼など
以下のフォームより
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

ページトップへ戻る