ネットワーク・インフラポリシーベースミラーリング

年々巧妙化するサイバー攻撃。中でも、実在の人物になりすまし、通常の業務で使うようなファイルをメールなどで送りつけてマルウェアに感染させる「標的型攻撃」が急増しています。こうした状況を受けて昨今では、ファイアウォールに加えてWAFやサンドボックスなどさまざまなセキュリティ機器を導入する企業が増えていますが、日々増加する通信量に対応するためには高性能のモデルを導入する必要があり、コストの肥大化が担当者の悩みとなっています。

これらの課題を解決する手段として注目を集めているのが、大容量トラフィックの中から必要なデータのみを抽出する「ポリシーベースミラーリング機能」です。この機能が搭載されたスイッチを活用し、特定のデータのみをWAF/IDS/サンドボックス/フォレンジックなどの機器に転送することで、コストの削減、帯域の最適化、セキュリティ対策の信頼性向上などが実現します。

ミラー技術のトレンド