レイヤ3シャーシ型スイッチ (クロスオーバー型スイッチ)AX4600S シリーズ

AX4600Sシリーズは、シャーシ型の柔軟性や拡張性を備えながら、同時にコンパクト設計で経済性に優れたボックス型の手軽さを併せ持つ、まったく新しいコンセプトの「クロスオーバー型スイッチ」です。
シャーシ型のように交換可能な、複数種類のインタフェースに対応しながら、処理の一部をボックス型と同様のエンジンに統合することで、高いコストパフォーマンスとフレキシビリティ、そしてワンランク上の性能を実現しています。

AX4600S

必要に応じて帯域をアップグレードできる、投資効率に優れたコアスイッチ
インタフェースカードを交換するだけで、1G/10Gの帯域を規模に合わせて確保
VRS(Virtual Redundant System)機能を用いることで、コアスイッチの冗長をシンプルに実現
ネットワークパーティションにより、高度なセキュリティを有した仮想ネットワークを構築可能
データセンターのToRスイッチを束ねるアグリゲーションスイッチに最適
10G回線を高密度で収容することで、データを高速に処理しサーバ資源の利用効率を最大化
VRS機能によるシンプルな装置冗長により、トラフィックが集中するアグリゲーションスイッチの信頼性を確保
DC 間の自由な仮想リソース移動が可能な、L2 フラットな広域仮想ネットワークを構築可能
VXLAN(Virtual eXtensible Local area Network)機能により、既存 L3 網上に L2 VPN を構築
リソースの最適化/投資効率の向上や、事業継続計画(BCP)/災害対策(DR)の基盤として利用

構成例:大規模構内ネットワーク

大規模構内ネットワーク

コアスイッチ

  • 2Uサイズのコンパクトな筺体に、優れた拡張性/柔軟性(モジュール式なので交換や拡張が容易)
  • 1Gと10Gが混在する環境に最適(インタフェースカードを交換可能)
  • 高信頼(VRS機能、オールリンクアグリゲーション)
  • 仮想化により部門間のセキュリティを確保(ネットワーク・パーティション)
  • 実績十分のレイヤ3機能(OSPF/BGP、IPv6、マルチキャストなど)

構成例:中小規模構内ネットワーク

中小規模構内ネットワーク

コアスイッチ

  • 2Uサイズのコンパクトな筺体に、優れた拡張性/柔軟性(モジュール式なので交換や拡張が容易)
  • 1Gと10Gが混在する環境に最適(インタフェースカードを交換可能)
  • 高信頼(VRS機能、オールリンクアグリゲーション)
  • 仮想化により部門間のセキュリティを確保(ネットワーク・パーティション)
  • 実績十分のレイヤ3機能(OSPF/BGP、IPv6、マルチキャストなど)

構成例:データセンター

データセンター

アグリゲーションスイッチ

  • 2Uサイズのコンパクトな筺体に、優れた拡張性/柔軟性(モジュール式なので交換や拡張が容易)
  • 高性能(最大スイッチング容量1.92Tbps)
  • 1ToRスイッチを10G接続で多数収容可能
  • 高信頼(VRS機能、オールリンクアグリゲーション)
  • IPv6 Ready Logo Phase2(Core)取得済(Logo-ID-:02-C-001232)

    IPv6 Ready Logo
    Phase2(Core)取得済
    (Logo-ID-:02-C-001232)

  • RoHS指令対応

コストパフォーマンスと拡張性の両立

シャーシとボックスが融合したクロスオーバー型スイッチ

  • シャーシ型と同様の柔軟性や拡張性を持ちながら、コンパクトで高いコストパフォーマンスを実現。
  • 高さ2Uで4つのネットワークインタフェース機構(NIF)を搭載可能。
  • 1G/10Gなどのインタフェースを必要に応じて混載可能。

高密度収容

  • 最大1.92Tbpsのスイッチング容量
  • 各種イーサネット回線を高密度で収容
    • 1Gまたは10Gイーサネット回線:最大96ポート
      ※装置背面の40G×1ポートにつき、NIF上の1G/10G×4ポートが排他使用となります

収容条件の拡張

ARPエントリ数の拡張

  • 従来のボックス型スイッチに比べ、収容条件を強化。
  • 特に、コアスイッチとして重要なARPテーブルのエントリ数は大幅に強化(最大45K)。

フォールト・トレラント・ネットワーク

止まらないネットワーク

  • STPが不要なオールリンクアグリゲーションの冗長システムにより、システムの複雑さがもたらすトラブルを回避でき、ネットワークの安定性が大幅に向上。

Virtual Redundant System (VRS)

  • 物理的に2台の装置を、論理的に1台の装置として扱うことで、冗長システムの設計や運用管理をシンプル化。
  • デュアルアクティブ動作により、システムの帯域幅を2倍に拡張。
  • VRS接続のための40Gbpsインタフェース4ポートを背面に搭載。

プロトコルアクセラレータ

  • 従来ソフトウェア処理で行っていた冗長切り替え処理の一部をオフロードできる、プロトコルアクセラレータ(PA)というハードウェアを搭載。

仮想化(VXLAN機能)

クラウド時代のネットワーク仮想化ソリューション

  • RFC で標準化されている VXLAN(Virtual eXtensible Local area Network)機能をサポート。
  • 既存のネットワークやキャリア網を活かしながら、複数拠点間の L2 延伸(L2-VPN)が可能。
  • 複数の拠点/DCにまたがるマルチテナント環境を、従来技術(VPLS/MPLS)に比べて安価に構築。

仮想化(ネットワーク・パーティション)

シンプルで低コストなネットワーク仮想化

  • VRF(Virtual Routing and Forwarding)機能とVLAN(Virtual LAN)機能により、ネットワークを論理的に分割。
  • 安全で信頼性の高いセキュアな仮想ネットワーク(パーティション)を、低コストで構築可能。

仮想ルータ(VRF機能)

  • 単一の装置内で、独立した複数のルーティングテーブルを管理することで、仮想ネットワークを構築。

フレキシブルなネットワーク運用

  • 多拠点への分散配置により、大企業や自治体などで広域イーサネットを利用したネットワーク統合環境を構築。
  • パーティションごとに独立したIPアドレス空間を設定できるため、アドレスの重複を気にしない自由な設計が可能。
  • トリプル認証と連携することで、パーティションへのセキュアなログインが可能。

高信頼・高可用

リングプロトコル

  • 最短1秒での高速切替が可能なアラクサラ独自のL2冗長プロトコルにより、リングトポロジのネットワークを実現。
  • 複数のリングを組み合わせたマルチリング構成により、柔軟なネットワークトポロジーをサポート。

ループ障害の防止

  • うっかり接続ミスによるループ障害を自動的に防ぐ、ループ検知機能を装備。

ストーム発生時の被害を軽減

  • 万が一のストーム発生時には、ストームコントロール機能によりシステム全体のダウンを回避。

QoS機能

  • 重要パケットや遅延に弱い音声パケットの優先制御、ポートに一定の帯域を付与する帯域制御機能など、きめ細かなQoS制御が可能。

電源ホットスワップ対応

  • 電源故障時の交換作業が無停止で可能な、ホットスワップ対応の内蔵冗長化電源をサポート。

安定した高機能ルーティング

高信頼で実績豊富なルーティング機能

  • 多数の通信事業者で実績のある、基幹ルータと同等の高信頼なルーティングソフトウェアを搭載。

IPv6対応

高速なIPv6ルーティング

  • IPv4ルーティングと同様、ハードウェアによる高速なIPv6ルーティングに対応。
  • スタティック/RIPng/OSPFv3/BGP4+のサポートで、多種多様なIPv6ネットワークが構築可能。

高速大容量

低コストで10G環境構築

  • 高価な光トランシーバが不要なダイレクトアタッチケーブルで、設置のトータルコストを低減。

省電力・環境対応

省電力設計

  • 低消費電力を志向したアーキテクチャ/回路設計や、省電力部品の使用などにより低消費電力を追及。

データセンタに最適なエアフロー設計

  • データセンタの冷却設計に適合した、前面吸気・背面排気に対応。

運用管理・保守機能

AXシリーズで統一されたCLI

  • AXシリーズ共通のコマンドラインインターフェースをサポートし、運用管理・保守操作性の一本化を実現。

コマンドレス保守機能

  • スクリプト入りのSDカードを挿すだけで、ログの保存やファームウェアアップデートを自動で実行。

ロングライフソリューション

長期安定稼動をサポート

  • 最長10年まで、トラブル解決支援や保守部品の提供を実現し、ネットワークの長期安定稼動をサポートするロングライフソリューションに対応。

AX4630S仕様アイコンの説明

高さ2Uのコンパクトなボディに、ネットワークインタフェース機構(NIF)を4スロット装備し、1G/10Gのインタフェースを必要に応じて混載可能です。これにより、事業の成長や業務の拡大に応じて、柔軟かつスケーラブルなネットワークを経済的に構築できます。

*1
VRS(Virtual Redundant System)機能で対応
*2
装置背面の40G×1ポートにつき、NIF上の4ポートが排他使用となります

※各製品をクリックすると、製品拡大写真がポップアップで表示されます。

AX4630S製品仕様

仕様
モデル AX4630S-4M
性能 最大スイッチング容量(Tbit/s) 1.92
最大パケット処理性能(Mpacket/s) 1428
最大ポート数 40GBASE-CR4/SR4/LR4 (QSFP+) 4*1
10GBASE-CU/SR/LR/ER/ZR (SFP+) 96*2
1000BASE-SX/LX/BX/LH/LHB (SFP) 96*2
1000BASE-T (SFP) 96*2
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T 96*2
ルーティングプロトコル IPv4 ユニキャスト スタティック、RIP、RIP2、OSPF、BGP4、ポリシーベースルーティング
マルチキャスト PIM-SM、PIM-SSM、IGMPv2/v3
IPv6 ユニキャスト スタティック、RIPng、OSPFv3、BGP4+
マルチキャスト PIM-SM、PIM-SSM、MLDv1/v2
レイヤ2機能 最大MACエントリ数 96K
VLAN ポートVLAN、Tag-VLAN(IEEE802.1Q)、プロトコルVLAN、MAC VLAN、Tag変換
スパニングツリープロトコル (STP) STP(IEEE802.1D)、RSTP(IEEE802.1w)、PVST+、MSTP(IEEE802.1s)、BPDUフィルタ、ルートガード、ループガード
マルチキャスト連携機能 IGMPv1/v2/v3 snooping、MLDv1/v2 snooping
リングプロトコル Autonomous Extensible Ring Protocol
その他 L2ループ検知機能、ストームコントロール、IEEE802.3ah/UDLD、Ether OAM
ネットワーク機能 認証機能 MAC認証、トリプル認証(IEEE802.1X認証、Web認証)
セキュリティ機能 フィルタリング(L2/IPv4/IPv6/L4)、ポート間中継遮断機能、DHCP snooping
QoS フロー検出(L2/IPv4/IPv6/L4)、帯域監視(UPC(ポリサー))、マーキング(DSCP/ユーザ優先度)、優先制御(フローベース、ユーザ優先度マップ)、廃棄制御、シェーピング(ポート帯域制御、スケジューリング(PQ、PQ+RR、PQ+WFQ、PQ+WRR、PQ+ERR))、Diff-serv
高信頼化機能 Virtual Redundant System(VRS)機能、ロードバランス(IPv4/IPv6)、VRRP(IPv4/IPv6)、スタティックポーリング(IPv4/IPv6)、VRRPポーリング(IPv4/IPv6)、リンクアグリゲーション(IEEE802.3ad)、GSRP、アップリンク・リダンダント機能、Graceful Restart機能*3
仮想化(ネットワーク・パーティション) VRF (Virtual Routing and Forwarding)、VRF間中継
その他 IPv4 DHCPリレーエージェント、IPv4 DHCPサーバ、IPv6 DHCPサーバ(Prefix delegation)/リレーエージェント、L2-VPN(VLANトンネリング)、VXLAN機能
運用管理機能 ネットワーク管理 SNMPv1/v2c/v3、MIB-II、IPv6 MIB、sFlow、LLDP、ポートミラーリング、RMON、OADP、CDP
運用・保守 CLI、コマンドレス保守機能(SDカードスクリプト)、RADIUS、SSH、syslog、ping、traceroute、telnet、ftp、tftp、NTP、OAN、TACACS+
省電力機能    消費電力情報表示
スタティック省電力機能 ポート電力供給OFF
ダイナミック省電力機能 ポート電力供給OFF(スケジューリング)
エアフロー 前面吸気・背面排気
冗長化 内蔵電源(AC)、FANユニット
設備条件 入力電圧 AC100〜120V/200〜240V
最大入力電流(A) 8.0@AC100V / 4.0@AC200V
最大消費電力(W) 800
最大発熱量(kJ/h) 2880
外形寸法W×D×H(mm) (高さ[U]) 445×498×87(2U)
質量(kg) (最大搭載時) 30.0 以下
環境条件 動作許容範囲温度 0°C〜45°C
非動作時温度(非通電時) −10°C〜50°C
保存および輸送時温度 −25°C〜65°C
動作許容範囲湿度 10%〜90% (結露しないこと)
非動作時湿度(非通電時) 8%〜90% (結露しないこと)
保存および輸送時湿度 5%〜90% (結露しないこと)
浮遊粉じん 約10ミクロン以下の浮遊粉じん : 0.15mg/m³
*1
装置背面に40G×4ポートを装備
*2
装置背面の40G×1ポートにつき、NIF上の4ポートが排他使用となります
*3
ヘルパー機能(OSPF/OSPFv3)、レシーブルータ機能(BGP4/BGP4+)をサポート
L3Cアドバンストソフトウェアでサポートする機能:OSPF/OSPFv3/BGP4/BGP4+/VRF/ポリシーベースルーティング/VXLAN機能