レイヤ3 シャーシ型スイッチAX8300Sシリーズ

スマートフォンやタブレットといったモバイル端末の急速な普及と、様々なモノがネットワークに接続されるIoT技術の進展により、多様で大量の端末を収容する拡張性のニーズが高まっています。また、大規模自然災害に備えたDR/BCP対応や、頻発する標的型攻撃/ゼロデイ攻撃などに対応するセキュリティ対策は、避けることのできないものとなっています。
AX8300Sシリーズは、これらIoT時代のニーズに対応するため、拡張性、安全性/信頼性、セキュリティ機能を備え、エンタープライズネットワークにおけるコアスイッチの信頼性を大幅に向上させます。

構成例:大規模構内ネットワーク

コアスイッチ

  • 高い性能(最大スイッチング容量800Gbps)を有するハイエンドのシャーシ型スイッチ
  • 大規模向けの収容条件(10G×192/1G×384ポート、余裕のあるテーブルエントリ数)
  • 優れた拡張性/柔軟性(モジュール式なので交換や拡張が容易)
  • 高信頼(FTスイッチ、オールリンクアグリゲーション)
  • 仮想化により部門間のセキュリティを確保(ネットワーク・パーティション)
  • L2/L3の優れた実績を継承(OSPF/BGP、IPv6、マルチキャスト、L2機能など)
  • IPv6 Ready Logo Phase2(Core)取得済(Logo-ID-:02-C-001099)

    IPv6 Ready Logo Phase2(Core)取得済
    (Logo-ID-:02-C-001099)

  • RoHS指令対応

収容条件の強化

モバイル/IoT環境に対応した収容条件

  • 端末が激増するモバイル/IoT 環境で重要になる、端末数に比例するリソースを強化。
  • 【端末毎の MAC アドレス対応リソース強化】 最大8.7万のARP エントリ数、最大45.8 万のFDB エントリ数。
  • 【端末毎のフィルタ/QoS 対応リソース強化】 最大12.8 万のACL エントリ数※最大エントリ数は計画中の拡張版パケット転送機構(PSU)の場合、標準版PSU ではARP=3.2 万/FDB=9.8 万/ACL=6.4 万。
  • 加速する IPv4 アドレスの枯渇に備え、IPv6Dualstack 環境に耐えられる拡張性も提供。

コストパフォーマンスと拡張性の両立

ニーズの多い1G主体の環境にチューニング

  • 最大800Gbpsのスイッチング容量。
  • 8Uの筺体サイズで最大192本(将来予定)の1Gイーサネット回線を収容可能、40G/100Gイーサネット回線にも将来対応予定。
  • キャリア向けハイエンドスイッチ(AX8600S) のアーキテクチャはそのままに、エンタープライズコアとしての性能・コスト要件をクリア。

セキュリティ

ポリシーベースミラーリング(PBM)

  • 特定ユーザ/アプリのフローのみを抽出してミラーリングする PBM 機能をサポート。
  • セキュリティ装置の帯域や性能を最適化することで、システム全体のコストを低減。
  • ネットワークフォレンジックなど、大容量通信の環境に導入し難いセキュリティ装置に最適。

フィルタリング機能

  • L2/L3/L4のACL(アクセスコントロールリスト) により、不正トラフィックを排除。

フォールト・トレラント・ネットワーク

止まらないネットワーク

  • STPが不要なオールリンクアグリゲーションの冗長システムにより、システムの複雑さがもたらすトラブルを回避でき、ネットワークの安定性が大幅に向上。

フォールト・トレラント・アーキテクチャ

  • 1台で2台分の機能を装備しているため、障害発生時でも動作の継続が可能。
  • 装置の可用性を極限まで高めた交換機なみのアーキテクチャにより、最短50ミリ秒での切替が可能。

マルチシャーシ・フォールト・トレラント(MC-FT)(将来予定)

  • 物理的に2台のシャーシを、論理的に1台のシャーシとして扱うことで、冗長システムの設計や運用管理をシンプル化。
  • デュアルアクティブ動作により、システムの帯域幅を2倍に拡張。
  • DR/BCP で必要なビルや局舎間の冗長にも対応可能。

プロトコルアクセラレータ

  • 従来ソフトウェア処理で行っていた冗長切り替え処理の一部をオフロードできる、プロトコルアクセラレータ(PA)というハードウェアを搭載。
  • PAでリンクダウンを検出することで、リンクアグリゲーションの高速な切替が可能。
  • PAで高速なBFDパケット送信を行うことで、BGP/OSPFの障害を高速に検知可能。

仮想化(ネットワーク・パーティション)

シンプルで低コストなネットワーク仮想化

  • VRF(Virtual Routing and Forwarding)機能とVLAN(Virtual LAN)機能により、ネットワークを論理的に分割。
  • 安全で信頼性の高いセキュアな仮想ネットワーク(パーティション)を、低コストで構築可能。

仮想ルータ(VRF機能)

  • 単一の装置内で、独立した複数のルーティングテーブルを管理することで、仮想ネットワークを構築。

高信頼・高可用

リングプロトコル

  • 最短1秒での高速切替が可能なアラクサラ独自のL2冗長プロトコルにより、リングトポロジのネットワークを実現。
  • 複数のリングを組み合わせたマルチリング構成により、柔軟なネットワークトポロジーをサポート。

高信頼化機能

  • リンクアグリゲーション、STP/VRRP、Graceful Restartなどの機能により、回線や経路の信頼性を向上。
  • モジュールを冗長化することで、サービス無停止でのソフトウェアアップデートが可能。

ループ障害の防止

  • うっかり接続ミスによるループ障害を自動的に防ぐ、ループ検知機能を装備。

QoS機能

  • 重要パケットや遅延に弱い音声パケットの優先制御、ポートに一定の帯域を付与する帯域制御機能など、きめ細かなQoS制御が可能。

電源ホットスワップ対応

  • 電源故障時の交換作業が無停止で可能な、ホットスワップ対応の内蔵冗長化電源をサポート。

安定した高機能パケット中継

大容量経路に対応したパケット中継機能

  • 多数の通信事業者で実績のある、高信頼なルーティングソフトウェアを搭載。
  • マルチキャストの Non Stop Forwarding に対応。
  • ノンストップルーティング機能により、キャリアグレードの高信頼な L3 ネットワークを提供。

安定した高機能ルーティング

ポリシーベースルーティング

  • トラフィック毎に最適な経路を選択できる、ポリシーベースルーティングに対応(IPv4/IPv6)。
  • 通信障害を検知し、自動的に経路切替を行うトラッキング機能をサポート(将来予定)。
  • ネットワーク・パーティションとの併用も可能。

IPv6対応

高速なIPv6ルーティング

  • IPv4ルーティングと同様、ハードウェアによる高速なIPv6ルーティングに対応。
  • スタティック/RIPng/OSPFv3/BGP4+/マルチキャストのサポートで、多種多様なIPv6ネットワークが構築可能。

省電力・環境対応

節電やCO2削減を推進するフレックス省電力(将来予定)

  • 必要なときに必要な部分へ適切に電力を供給し、不要な部分は電力を削減するダイナミック省電力が進化。
  • トラフィック量に応じて、よりきめ細やかに電力を調整することが可能。

省電力設計

  • 低消費電力を志向したアーキテクチャ/回路設計や、省電力部品の使用などにより低消費電力を追及。
  • 3W/Gbpsと従来比(AX6700S)約1.4倍の低消費電力を実現。

データセンタに最適なエアフロー設計

  • データセンタの冷却設計に適合した、前面吸気・背面排気に対応。(全モデルで対応)

運用管理・保守機能

AXシリーズで統一されたCLI

  • AXシリーズ共通のコマンドラインインターフェースをサポートし、運用管理・保守操作性の一本化を実現。

運用支援スクリプト

  • 日々の運用管理業務を効率化/省力化する、運用支援スクリプト機能。
  • 装置にスクリプト言語(Pythonベース)の実行環境を搭載、 装置オペレーションのカスタマイズや自動化が可能。
  • ログ出力や時刻を契機に、運用コマンドやコンフィグ投入を実行可能。

コンフィグテンプレート機能

  • 定型コンフィグ操作を装置内でマクロ化可能。

長期使用を可能にする優れた拡張性

次世代サービスやプロトコルへ柔軟に対応(将来予定)

  • 現在はまだ利用されていない、新たなサービスやプロトコルが必要になった場合に備え、性能を劣化させずに新たな機能追加が可能。
  • 基本転送機能を高速に実行するフォワーディングエンジン(FE)と、柔軟に機能追加が可能なプログラマブルエンジン(PE)/サービスモジュールカード(SMC)との協調動作が可能なハイブリッドエンジンアーキテクチャにより、転送性能を劣化させることなく機能を拡張。
  • 高度な付加機能を実装可能なサービスモジュールカード(SMC)を搭載することで、ハイレベルなセキュリティ機能などの追加にも対応。

将来に渡る設備マイグレーションを効率化

  • 既存設備で使用されている1Gイーサネット回線と、今後の増設や大容量化のための10Gイーサネット回線など、異なるインタフェースを効率よく混載して収容可能なマイクロラインカード構造を採用。
  • 1/4スロットサイズのネットワークインタフェースカード単位で増設が可能なため、混載による無駄が少なく、段階的な容量増設の際にも、設備投資効率が改善。

ロングライフソリューション

長期安定稼動をサポート

  • 最長10年まで、トラブル解決支援や保守部品の提供を実現し、ネットワークの長期安定稼動をサポートするロングライフソリューションに対応。

AX8300S

IoT環境の急速な普及により、データ通信の大容量化が進んでいます。現在は1Gbpsが主流の企業LANですが、次の10Gbps時代がすでに見え始めています。そこで、投資を無駄にせず、将来(1G→10Gbps)に渡り長く使いつづけられる次世代シャーシ型コアスイッチとして開発されたのが、コストパフォーマンスに優れたAX8300Sです。AX8600Sの設計思想やアーキテクチャをそのまま受け継ぎ、すべてのソフトウェア資産を継承。IoT時代に最適な高速かつ大容量のネットワークを、経済的に構築できます。

仕様アイコンの説明

*1
将来サポート予定

※各製品をクリックすると、製品拡大写真がポップアップで表示されます。

モデル AX8304S AX8308S
性能 最大スイッチング容量(Gbit/s) 800 800
最大パケット処理性能(Mpacket/s) 240 240
PSUスロット転送性能(全二重)(Gbit/s) 100 100
スロット 基本制御機構(BCU) 2 2
パケットスイッチング機構(PSU) 2(ハーフサイズPSU)/1(フルサイズPSU) 2(フルサイズPSU)
ネットワークインタフェース機構(NIF)*1 シングルフルサイズ - -
シングルハーフサイズ 4 8
最大ポート数 100GBASE-LR4(CFP) 4*2 4*2
40GBASE-R (QSFP+) 16 16
10GBASE-SR/LR/ER/ZR (SFP+) 48 48/96*2
1000BASE-SX/LX/BX/LH (SFP) 96 192
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T (SFP) 96 192
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T 96 192
ルーティングプロトコル IPv4 ユニキャスト スタティック、RIP、RIP2、OSPF、BGP4、IS-IS*2、ポリシーベースルーティング
マルチキャスト PIM-SM、PIM-SSM、IGMPv2/v3
IPv6 ユニキャスト スタティック、RIPng、OSPFv3、BGP4+、IS-IS*2、ポリシーベースルーティング
マルチキャスト PIM-SM、PIM-SSM、MLDv1/v2
レイヤ2機能 最大MACエントリ数 448K
VLAN ポートVLAN、Tag-VLAN(IEEE 802.1Q)、Tag変換
スパニングツリープロトコル (STP) STP(IEEE802.1D)、RSTP(IEEE802.1w)、PVST+、MSTP(IEEE802.1s)、BPDUフィルタ、ルートガード、ループガード
マルチキャスト連携機能 IGMPv1/v2/v3 snooping、MLDv1/v2 snooping
リングプロトコル Autonomous Extensible Ring Protocol
その他 ポリシーベーススイッチング*2、L2ループ検知機能、ストームコントロール、IEEE802.3ah/UDLD、Ether OAM*2
ネットワーク機能 セキュリティ機能 フィルタリング(L2/IPv4/IPv6/L4)、アクセスリストロギング、サブインタフェース(Tag-VLAN連携)、DHCP snooping*2、ポリシーベースミラーリング
QoS フロー検出(L2/IPv4/IPv6/L4)、帯域監視(UPC(ポリサー))、マーキング(DSCP/ユーザ優先度)、優先制御(フローベース、DSCPマップ)、
廃棄制御、シェーピング(ポート帯域制御、スケジューリング(PQ、RR、4PQ+4WFQ、2PQ+4WFQ+2BEQ、4WFQ+4BEQ))、
Diff-serv、階層化シェーピング、自動シェーピング
高信頼化機能 ロードバランス(IPv4/IPv6)、VRRP(IPv4/IPv6)、スタティックポーリング(IPv4/IPv6)、 リンクアグリゲーション(IEEE802.1AX)、高速経路切替機能、
ノンストップルーティング、Graceful Restart機能(BGP4、BGP4+、OSPF、OSPFv3、IS-IS*2)、マルチキャストNon Stop Forwarding機能、BFD
仮想化(ネットワーク・パーティション) VRF (Virtual Routing and Forwarding)、VRF間中継
その他 IPv4 DHCPリレーエージェント、IPv6 DHCPリレーエージェント、L2-VPN(VLANトンネリング) 、VXLAN機能*2
運用管理機能 ネットワーク管理 SNMPv1/v2c/v3、MIBU、IPv6 MIB、RMON、sFlow、LLDP、ポートミラーリング、フィルタ/QoSのフロー統計
運用・保守 CLI、RADIUS、TACACS+、SSH、コンフィグレーション(コミット/ロールバック/テンプレート機能)、uRPF、ログ情報E-mail通知、
無停止ソフトウェア・アップデート、高機能スクリプト、syslog、ping、traceroute、telnet、ftp、tftp、NTP(IPv4)、SNTP(IPv4/IPv6)、DNS Resolver、 コマンドレス保守*2、経路系テーブルカスタマイズ配分
運用・保守ポート シリアル(コンソール、AUX)、マネージメントポート(IPv4/IPv6)
省電力機能 消費電力情報表示、フレックス省電力*2
エアフロー 前面吸気・背面排気
冗長化 BCU部、電源、PSUまたがりリンクアグリゲーション、NIFまたがりリンクアグリゲーション
設備条件 入力電圧(V) AC100〜120V/AC200〜240V、DC-48V
最大入力電流(電源ユニット当たり)(A) 14.5A@AC100V, 7A@AC200V
37A@DC-48V
12A@AC100V, 8A@AC200V
30A@DC-40.5V/25A@DC-48V
最大消費電力 (W) AC/DC:1,200 AC/DC:1,890
最大発熱量 (kJ/h) AC/DC:4,320 AC/DC:6,804
外形寸法W×D×H(mm)(高さ[U])*3 443×602×222(5U) 443×621×354(8U)
質量(kg)(最大搭載時) 65 70
環境条件 動作許容範囲温度 0°C〜40°C(推奨値 23°C〜28°C)
非動作時温度(非通電時) -10°C〜43°C
保存および輸送時温度 -25°C〜65°C
動作許容範囲湿度 5%〜85%(結露しないこと)(推奨値 45%〜55%)
非動作時湿度(非通電時) 5%〜85%(結露しないこと)
保存および輸送時湿度 5%〜95%(結露しないこと)
浮遊粉じん 約10ミクロン以下の浮遊粉じん : 0.15mg/m3
  • *1:スロット数は、それぞれ同一サイズのNIF を搭載した場合の数値
  • *2:サポート計画中の機能
  • *3:寸法の幅はラック取り付け金具の寸法は含みません。奥行きは装置本体,ファンユニットの取っ手,および電源入力機構の突起などの寸法を含みます。高さはゴム足の寸法は含みません。
  • ※ BGP/BGP4+はソフトウェアオプション

導入事例

技術情報

製品画像

製品写真

Visioステンシル

*
Visioステンシルの使用・閲覧にはMicrosoft Visioが必要です。Visioは、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。