産業用ネットワークをサイバー攻撃から守る、
DINレールマウント型レイヤ2スイッチを製品化
〜工場などの厳しい環境条件に対応〜

2017年11月21日
アラクサラネットワークス株式会社

AX2130SS-24TAX2530S-08TC1

アラクサラネットワークス株式会社(本社: 神奈川県川崎市 代表取締役社長 南川育穂 以下アラクサラ)は、産業用ネットワーク(*1)に最適な、DINレール(*2)マウント型のレイヤ2スイッチAX2530S-08TC1を製品化します。

製造業を中心に、生産の効率化や新たなビジネスの創出を目的とした、IoTの活用が進んでいます。IoTの活用を進めるにあたっては、工場内部など限られた範囲内で利用されていた産業用ネットワークと情報処理を行うITネットワークを接続する必要があります。今後、このような産業用ネットワークの外部接続により、ITネットワークを通じたサイバー攻撃のリスクが高まることを受け、セキュリティ対策が求められています。

アラクサラのAX2530Sシリーズは、サイバー攻撃対策として、以下の特長を持ちます。

  • 正常時のネットワーク上のやり取りを予め学習して許可リストを作成することで、許可リストにない異常な通信をブロックする、ホワイトリスト機能を搭載(有償オプション)
  • 各種セキュリティ製品との連携により、異常が検出された端末をネットワークから遮断する、サイバー攻撃自動防御ソリューションに対応

また、新製品のAX2530S-08TC1は、これらの特長に加えて、産業用ネットワークでの使用のため以下の特長を持ちます。

  • 産業用ネットワーク特有の厳しい環境条件でも利用できる、広い動作温度範囲(-20℃〜60℃)、防塵のための密閉構造、最大5msの電源瞬断保護機能
  • 制御盤への設置を想定し、DINレールマウントの取り付け金具を標準装備、設置後の取り扱いを容易にするため、ネットワークインタフェースや電源端子などを全て装置前面に集約
  • 産業用設備として長期間利用できるよう、最長10年間の長期サポート(*3)対応(有償オプション)
  • 高度なITスキルを必要とせず、現場で容易な運用が可能となるSDカードスクリプト機能(*4)などで運用管理の負荷を低減

AX2530S-08TC1は、2017年12月からの出荷を予定しております。

製品一覧

モデル名 ポート数 電源 予定標準価格(税抜)
AX2530S-08TC1 UTP ×8
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
SFP ×2
1000BASE-SX/LX/BX/LH/LHB/100BASE-FX
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T(SFP-T)
DC24〜48V 450,000円

AX2530S諸元表

モデル AX2530S-08TC1
性能 最大スイッチング容量 (Gbps) 20
最大パケット処理性能 (Mpps) 14.9
インタフェース
構成
1000BASE-SX/LX/BX/LH/LHB (SFP)
100BASE-FX (SFP)
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T (SFP-T)
2
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T (UTP) 8
レイヤ2機能 最大MACエントリ数 32k
VLAN ポートVLAN、Tag-VLAN(IEEE802.1Q)、プロトコルVLAN、
MAC VLAN、Tag変換
スパニングツリープロトコル (STP) STP(IEEE802.1D)、RSTP(IEEE802.1w)、PVST+、MSTP(IEEE802.1s)、
BPDUフィルタ、ルートガード、ループガード
マルチキャスト連携機能 IGMPv1/v2/v3 Snooping、MLDv1/v2 Snooping
ネットワーク
機能
認証機能 トリプル認証(IEEE802.1X認証、Web認証、MAC認証)、
マルチステップ認証、ダイナミックACL/QoS機能、
Web認証用ワンタイムパスワード(RSA SecurID)
セキュリティ機能 フィルタリング(L2/IPv4/IPv6/L4)、DHCP Snooping、
ポート間中継遮断機能、ホワイトリスト機能(オプション)、
サイバー攻撃自動防御ソリューション対応
QoS機能 フロー検出(L2/IPv4/IPv6/L4)、帯域監視(UPC(ポリサー))、
マーキング(DSCP/ユーザ優先度)、
優先制御(フローベース、ユーザ優先度マップ)、
廃棄制御、シェーピング(ポート帯域制御、スケジューリング(PQ、WRR、PQ+WRR、WFQ))、Diff-serv
高信頼化・運用性向上機能 リングプロトコル、リンクアグリゲーション(IEEE 802.3ad)、
ストームコントロール、ジャンボフレーム、IEEE802.3ah/UDLD、
GSRP aware、L2ループ検知、アップリンク・リダンダント機能、
Ether OAM
運用管理機能 ネットワーク管理 SNMPv1/v2c/v3、MIBU、IPv6 MIB、RMON、sFlow、
LLDP、ポートミラーリング
運用・保守 CLI、OAN、コマンドレス保守機能(SDカードスクリプト)、RADIUS、
SSH、syslog、ping、traceroute、telnet、ftp、tftp、NTP
省電力機能 ダイナミック省電力(未使用ポート省電力機能)
設備条件 入力電圧 (V) DC24〜48
外形寸法 W x D x H (mm) 150 x 107 x 114 (DINレール取付金具部は含まず)
質量 (kg) 1.5
環境条件 動作許容温度範囲 (°C) -20〜60

用語解説

*1:
産業用ネットワーク
工場等の製造現場や鉄道・道路沿線に代表される過酷な動作環境にて、PCやサーバ、監視カメラといったIT機器だけではなく、PLCやHMIなどの制御装置やセンサーなどの非IT機器が接続されるネットワーク。ネットワーク機器は、オフィス環境だけでなく屋外のハブボックス内に設置される場合もあります。
*2:
DINレール
工場の生産現場などに置かれる制御盤内に、PLCなどの制御装置を取り付けるために良く使われる金属製のレール。DINはドイツの工業規格の略称で、統一された寸法になっています。制御盤内で使われるDINレールは35mm幅が主流であり、AX2530S-08TC1も35mm幅のDINレールに取り付けが可能です。
*3:
長期サポート
適切な温度環境の維持を条件に、最長10年まで障害時の問題解決支援や保守部品の提供などを行います。なお、長期サポートの販売形態は、従来からのサポートサービスと同様に、アラクサラからビジネスパートナーへのサポートサービスの販売となり、エンドユーザ様には、アラクサラ製品の購入と同時に、ビジネスパートナーからのサポートサービスの形で契約していただくこととなります。
*4:
SDカードスクリプト機能
スクリプト入りのSDカードを挿入するだけで、バックアップやリストアなどの作業をスピーディに自動実行できる機能です。この機能により、作業員のスキルに依存することなく、手軽に確実な装置交換を実施したり、日々のバックアップ作業をワンタッチで実施したりすることができます。

アラクサラネットワークス株式会社について

アラクサラネットワークス株式会社は、「快適で安心して使えるネットワークを世界の人々に提供し、豊かな情報通信社会の実現に貢献」を企業理念としています。情報ライフラインを支える概念としてギャランティード・ネットワークを提唱し、ネットワーク構築に必要な基幹系ルータおよびスイッチの開発から設計、製造、販売、保守のサービスを提供しています。

会社名 アラクサラネットワークス株式会社
設立日 2004年10月1日
代表者 代表取締役社長 南川育穂
資本金 55億円
所在地 神奈川県川崎市幸区鹿島田一丁目1番2号 新川崎三井ビル西棟
従業員数 約210名 (2017年3月末現在)
URL

商標名称等に関する表示

イーサネットは、富士ゼロックス(株)の登録商標です。
その他本文に記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

製品に関するお問い合わせ先

アラクサラネットワークス株式会社 ネットワークシステム部

報道機関お問合わせ先

アラクサラネットワークス株式会社 広報担当 【担当: 新井】
  • 〒212-0058 神奈川県川崎市幸区鹿島田一丁目1番2号 新川崎三井ビル西棟
  • 電話:044-549-1706(ダイヤルイン)
  • http://www.alaxala.com/jp/contact/

このプレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、最新の情報と異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。