ネットワーク・インフラIPv4枯渇対応(IPv6)

インターネット商用利用に端を発したネットワークの急速な普及・拡大により、有限の資源であるIPv4 アドレスの枯渇がついに現実のものとなりました。
2011年4月15日には、APNIC(Asia-Pacific Network Information Centre)からIPv4アドレスの在庫が枯渇したことが発表され、日本を含むアジア太平洋地域では、新規IPv4アドレスの取得が事実上不可能となっています。このような課題に対し、アラクサラネットワークスでは IPv6の黎明期から先進的に製品でのサポートを続けてまいりました。IPv6 での大きな実績を持つAXシリーズ、IPv4 枯渇問題へのひとつの答えが、ここにあります。

IPv4枯渇対応