データセンター

仮想化とクラウド技術により大きな変貌を遂げたデータセンターは、絶えずデータアクセスされることを意識して構築する必要があります。
データセンターに求められるのは、大量のデータ転送に耐えられる性能、仮想サーバを収容可能なスケーラビリティ、ネットワークがストップしない信頼性などです。その解決手段として“ファブリック”と呼ばれる技術が普及しつつありますが、規模や用途を考えれば全ての企業にとってベストな選択だというわけではありません。大規模な拡張予定がなければ、既存の信頼できる技術を用いてコストパフォーマンスに優れたデータセンターを構築することが可能です。

 

コストパフォーマンスの高いデータセンター構築のポイント

  • 10Gはもちろん、将来の40Gネットワークに備え拡張性の高い機器を選択
  • STPを排除したシンプルネットワーク構成で、障害を予防

大量のデータを処理できる高密度な回線が必要不可欠

仮想化技術の進展により、ストレージやサーバの仮想化を利用することが一般的になってきました。その結果、ITリソースはデータセンターに集約され、データアクセスが集中しトラフィックが増加する傾向があります。そのため、データセンター内のネットワークは、高速な回線を高密度で構築することがポイントとなります。
アラクサラならAX3800SとAX4600Sを用いて、高密度の10Gネットワークを構築可能です。ToR(トップオブラック)に配置したAX3800Sは、1Uサイズでありながら44本の10Gポートを備えており、仮想化された多数の10Gサーバを収容できます。また、複数のToRスイッチを集約するアグリゲーションスイッチには、2Uサイズで最大96本の10Gポートを収容可能なAX4600Sが最適です。例えば、ToRスイッチとアグリゲーションスイッチの間を40G(10G×4本)のリンクで接続する構成の場合、AX4600Sは24ラックまで収容できる拡張性を有しています。

“止まらない”データセンターの構築

データセンターの停止は業務停止と同義であるため、ネットワークの停止はなんとしても避けねばなりません。そのため、アグリゲーションスイッチのAX4600SはVirtual Redundant System (VRS)、ToRスイッチのAX3800Sはスタック機能で装置の冗長性を確保します。さらに回線部分はリンクアグリゲーションで冗長化してやれば、STPを使用しないプロトコルレスのシンプルなネットワークが構築できます。アラクサラの提唱する、この「フォールト・トレラント・ネットワーク(FTネットワーク)」は、ファブリックがオーバースペックとなる規模のデータセンターにとって、“止まらない”ネットワークを実現するための最適な選択肢となります。

空調設備の省エネ化

AX4600S、AX3800Sは「前面吸気、背面排気」のため、前面をコールドアイル、背面をホットアイルとするデータセンターで一般的な形式に最適です。効率よく空調設備を利用でき、冷却コストを削減することが可能です。
加えてAX3800Sは、「背面吸気、前面排気」の冷却方式も選択可能で、装置を入れ替えることなく他の機器に合わせた柔軟な設置が可能となります。

ネットワーク構成イメージ

スイッチ

L3シャーシ

AX4600Sシリーズ

ボックス型の手軽さとシャーシ型の拡張性の両立を追求した、未踏の領域を切り拓くハイパフォーマンスなクロスオーバー型スイッチ

多数のToRスイッチを収容するアグリゲーションスイッチ。

L3ボックス

AX3800Sシリーズ

中小規模ネットワークのコアスイッチや高速大容量化の著しいデータセンターに最適な、10G多ポート収容ボックス型レイヤ3スイッチ。

多数の10Gサーバを収容するToRスイッチ。

ネットワークマネジメント製品

Open Autonomic Networking (OAN)

OAN(Open Autonomic Networking)コンセプトに基づく先進の管理ツール群。ネットワークを統合的・効率的にマネージメントできる機能と、わかりやすいGUIによる高度な作業の自動化により、運用性を飛躍的に向上。

フォールト・トレラント・ネットワーク
「止まらないネットワーク」を実現するフォールト・トレラント・ネットワーク(FTネットワーク)。システムの信頼性を高め、かつシンプルなネットワークを構築することができます。
セキュア仮想ネットワーク
セキュリティインシデントの効果的な防止策は、ネットワークのセキュリティレベルを仮想化技術により、高度に確保することで対応できます。
ネットワークの仮想化
ネットワークの仮想化を低コストで実現し、セキュリティの確保、運用管理の負荷を低減する「ネットワーク・パーティション」。