運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


clear channel-group non-revertive

リンクアグリゲーションの切り戻し抑止状態を解除します。

[入力形式]

clear channel-group non-revertive [{port <port list> | channel-group-number <channel group list>}] [-f]

[入力モード]

一般ユーザモードおよび装置管理者モード

[パラメータ]

{port <port list> | channel-group-number <channel group list>}

port <port list>
指定ポート(リスト形式)のリンクアグリゲーションの切り戻し抑止状態を解除します。<port list>の指定方法と値の指定範囲については,「パラメータに指定できる値」を参照してください。

channel-group-number <channel group list>
指定リンクアグリゲーションのチャネルグループ番号(リスト形式)の切り戻し抑止状態を解除します。<channel group list>の指定方法については,「パラメータに指定できる値」を参照してください。

本パラメータ省略時の動作
すべてのチャネルグループの切り戻し抑止状態を解除します。

-f
確認メッセージを出力しないで,リンクアグリゲーションの切り戻し抑止状態を解除します。

本パラメータ省略時の動作
確認メッセージを出力します。

すべてのパラメータ省略時の動作
確認メッセージを出力したあと,すべてのチャネルグループの切り戻し抑止状態を解除します。

[実行例]

図23-8 リンクアグリゲーションの切り戻し抑止状態解除

>clear channel-group non-revertive channel-group-number 1
Are you sure you want to make the channel-group revertive? (y/n) :y
>

[表示説明]

なし

[通信への影響]

切り戻し抑止状態のチャネルグループまたはポートに対して本コマンドを実行すると,抑止状態を解除して切り戻し動作を行い,フレーム送信ポートを変更します。

[応答メッセージ]

表23-10 clear channel-group non-revertiveコマンドの応答メッセージ一覧

メッセージ 内容
The command cannot be executed in the standby system. このコマンドは待機系では実行できません。
The command cannot be executed. Try again. コマンドを実行できません。再実行してください。
The command is not authorized by the RADIUS/TACACS+ server or the configuration. このコマンドはRADIUSサーバ,TACACS+サーバ,またはコンフィグレーションで承認されていません。
The specified channel group is not configured. チャネルグループが設定されていません。コンフィグレーションを確認してください。
The specified port is not configured. ポートが設定されていません。コンフィグレーションを確認してください。

[注意事項]

  1. 本コマンドを使用してもコンフィグレーションは変更されません。

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.