運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


show interfaces (1000BASE-X)

イーサネットの情報を表示します。

[入力形式]

show interfaces gigabitethernet <nif no.>/<port no.> [detail]

[入力モード]

一般ユーザモードおよび装置管理者モード

[パラメータ]

gigabitethernet
1000BASE-Xを指定します。

<nif no.>/<port no.>
NIF番号,ポート番号を指定します。指定できる値の範囲は,「パラメータに指定できる値」を参照してください。

detail
詳細な統計情報を表示します。

本パラメータ省略時の動作
通常の統計情報を表示します。

[実行例]

図22-3 1000BASE-X指定実行結果画面

>show interfaces gigabitethernet 1/1
Date 20XX/04/01 12:00:00 UTC
NIF1: active(restart required)  12-port 1000BASE-X(SFP)  retry:0
        Average:700Mbps/24Gbps  Peak:750Mbps at 08:10:30
Port1: active up  1000BASE-SX full(auto)  0012.e240.0a04
        SFP connect
        Time-since-last-status-change:10:30:30
        Bandwidth:1000000kbps  Average out:350Mbps  Average in:350Mbps
        Peak out:380Mbps at 08:10:30  Peak in:370Mbps at 08:10:30
        Output rate:290.0Mbps  340pps
        Input  rate:290.0Mbps  340pps
        Flow control send   :on
        Flow control receive:on
        TPID:8100
        Frame size:1518 Octets  retry:0  Interface name:geth1/1
        description:test lab area network
        [Out octets/packets counter]
        Octets                                           :                   0
        Unicast packets                                  :                   0
        Multicast packets                                :                   0
        Broadcast packets                                :                   0
        Pause packets                                    :                   0
        [In octets/packets counter]
        Octets                                           :                   0
        Unicast packets                                  :                   0
        Multicast packets                                :                   0
        Broadcast packets                                :                   0
        Pause packets                                    :                   0
        [Out line error counter]
        Underrun                                         :                   0
        Error frames                                     :                   0
        [In line error counter]
        CRC errors                                       :                   0
        Alignment                                        :                   0
        Fragments                                        :                   0
        Jabber                                           :                   0
        Symbol errors                                    :                   0
        Short frames                                     :                   0
        Long frames                                      :                   0
        Overrun                                          :                   0
        Error frames                                     :                   0
        [Line fault counter]
        Link down                                        :                   0
        Signal detect errors                             :                   0
        Transceiver notconnect                           :                   0
        Link down in operational state                   :                   0
        Signal detect errors in operational state        :                   0
        Transceiver notconnect in operational state      :                   0
>

図22-4 1000BASE-X詳細統計情報指定実行結果画面

>show interfaces gigabitethernet 1/1 detail
Date 20XX/04/01 12:00:00 UTC
NIF1: active(restart required)  12-port 1000BASE-X(SFP)  retry:0
        Average:700Mbps/24Gbps  Peak:750Mbps at 08:10:30
Port1: active up  1000BASE-SX full(auto)  0012.e240.0a04
        SFP connect
        Time-since-last-status-change:10:30:30
        Bandwidth:1000000kbps  Average out:350Mbps  Average in:350Mbps
        Peak out:380Mbps at 08:10:30  Peak in:370Mbps at 08:10:30
        Output rate:290.0Mbps  340pps
        Input  rate:290.0Mbps  340pps
        Flow control send   :on
        Flow control receive:on
        TPID:8100
        Frame size:1518 Octets  retry:0  Interface name:geth1/1
        description:test lab area network
        [Out octets/packets counter]
        Octets                                           :                   0
        Unicast packets                                  :                   0
        Multicast packets                                :                   0
        Broadcast packets                                :                   0
        Pause packets                                    :                   0
        64 packets                                       :                   0
        65-127 packets                                   :                   0
        128-255 packets                                  :                   0
        256-511 packets                                  :                   0
        512-1023 packets                                 :                   0
        1024-1518 packets                                :                   0
        [In octets/packets counter]
        Octets                                           :                   0
        Unicast packets                                  :                   0
        Multicast packets                                :                   0
        Broadcast packets                                :                   0
        Pause packets                                    :                   0
        64 packets                                       :                   0
        65-127 packets                                   :                   0
        128-255 packets                                  :                   0
        256-511 packets                                  :                   0
        512-1023 packets                                 :                   0
        1024-1518 packets                                :                   0
                              :
                              :
                              :
>

[表示説明]

NIF情報表示内容については,show nifコマンドの「表12-1 NIF情報表示内容」を参照してください。

表22-4 1000BASE-Xのポート情報表示内容

表示項目 表示内容 表示詳細情報
Port ポート番号
ポート状態 active up 運用中(正常動作中)
active down 運用中(回線障害発生中)
initialize 初期化中またはネゴシエーション確立待ち(オートネゴシエーション機能が動作中)
fault 障害中
inactive
  • inactivateコマンドによる運用停止状態
  • スパニングツリーのBPDUガード機能によるinactive状態
  • L2ループ検知によるinactive状態
  • IEEE802.3ah OAMを用いたUDLDの片方向リンク障害またはループ検出によるinactive状態
  • ストームコントロールによるinactive状態
disable コンフィグレーションコマンドshutdownによる運用停止状態
standby リンクアグリゲーションのスタンバイリンク機能による運用待機状態
suspend 次の要因でポートの起動を抑止している状態
  • SFUの運用枚数不足
  • PSU初期化中
  • NIFが運用系として稼働中以外
unused 未使用(コンフィグレーション未設定)
mismatch 搭載されているNIFとコンフィグレーションが不一致
回線種別 1000BASE-LX full 1000BASE-LX全二重
1000BASE-SX full 1000BASE-SX全二重
1000BASE-SX2 full 1000BASE-SX2全二重
1000BASE-LH full 1000BASE-LH全二重
1000BASE-BX10-D full 1000BASE-BX-D(10km)全二重
1000BASE-BX10-U full 1000BASE-BX-U(10km)全二重
1000BASE-BX40-D full 1000BASE-BX-D(40km)全二重
1000BASE-BX40-U full 1000BASE-BX-U(40km)全二重
1000BASE-LX full(auto) 1000BASE-LX全二重
(オートネゴシエーションによって,上記回線種別となりました)
1000BASE-SX full(auto) 1000BASE-SX全二重
(オートネゴシエーションによって,上記回線種別となりました)
1000BASE-SX2 full(auto) 1000BASE-SX2全二重
(オートネゴシエーションによって,上記回線種別となりました)
1000BASE-LH full(auto) 1000BASE-LH全二重
(オートネゴシエーションによって,上記回線種別となりました)
1000BASE-BX10-D full(auto) 1000BASE-BX-D(10km)全二重
(オートネゴシエーションによって,上記回線種別となりました)
1000BASE-BX10-U full(auto) 1000BASE-BX-U(10km)全二重
(オートネゴシエーションによって,上記回線種別となりました)
1000BASE-BX40-D full(auto) 1000BASE-BX-D(40km)全二重
(オートネゴシエーションによって,上記回線種別となりました)
1000BASE-BX40-U full(auto) 1000BASE-BX-U(40km)全二重
(オートネゴシエーションによって,上記回線種別となりました)
- 回線種別が不明です。
次の場合に本表示となります。
  • ポート状態がinitialize
  • ポート状態がfault
  • ポート状態がunused
  • トランシーバ状態がconnect以外
MACアドレス 該当ポートのMACアドレス
トランシーバ種別 SFP SFP
トランシーバ状態 connect 搭載
notconnect 未搭載
not support 未サポートのトランシーバが搭載
fault 障害中
- トランシーバ状態が不明です。
次の場合に本表示となります。
  • ポート状態がsuspend
  • ポート状態がinitialize
  • ポート状態がfault
Time-since-last-status-change 状態が変化してからの経過時間を表示。
hh:mm:ss(24時間以内の場合:hh=時,mm=分,ss=秒)
dd.hh:mm:ss(24時間を超えた場合:dd=日数,hh=時,mm=分,ss=秒)
Over 100 days(100日以上経過している場合)
Bandwidth 回線の帯域幅を"kbps"で表示。
コンフィグレーションコマンドbandwidthが設定されていない場合は該当ポートの回線速度を表示します。設定されている場合はその設定値を表示します。ただし,本設定によって該当ポートが帯域制御されることはありません。
Average out コマンドを実行した時刻の前1分の平均の該当回線送信側使用帯域を表示。
本値は1bitも通信がない場合は0Mbps,1bit以上1.5Mbit未満の場合は1Mbpsを表示。1.5Mbit以上は,小数点第一位を四捨五入して表示。
bpsの算出には,フレーム長のMACヘッダからFCSまでの範囲を使用しています。
Average in コマンドを実行した時刻の前1分の平均の該当回線受信側使用帯域を表示。
本値は1bitも通信がない場合は0Mbps,1bit以上1.5Mbit未満の場合は1Mbpsを表示。1.5Mbit以上は,小数点第一位を四捨五入して表示。
bpsの算出には,フレーム長のMACヘッダからFCSまでの範囲を使用しています。
Peak out コマンドを実行した時刻の前24時間の該当回線送信側最大使用帯域および時刻(時:分:秒)を表示。
本値は1bitも通信がない場合は0Mbps,1bit以上1.5Mbit未満の場合は1Mbpsを表示。1.5Mbit以上は,小数点第一位を四捨五入して表示。
bpsの算出には,フレーム長のMACヘッダからFCSまでの範囲を使用しています。
Peak in コマンドを実行した時刻の前24時間の該当回線受信側最大使用帯域および時刻(時:分:秒)を表示。
本値は1bitも通信がない場合は0Mbps,1bit以上1.5Mbit未満の場合は1Mbpsを表示。1.5Mbit以上は,小数点第一位を四捨五入して表示。
bpsの算出には,フレーム長のMACヘッダからFCSまでの範囲を使用しています。
Output rate※1 コマンドを実行した時刻の前1秒間の該当回線送信スループットを,小数点第二位を四捨五入してbpsおよびppsで表示。
bpsの算出には,フレーム長のMACヘッダからFCSまでの範囲を使用しています。
Input rate※1 コマンドを実行した時刻の前1秒間の該当回線受信スループットを,小数点第二位を四捨五入してbpsおよびppsで表示。
bpsの算出には,フレーム長のMACヘッダからFCSまでの範囲を使用しています。
Flow control send※2 on ポーズパケットを送信します。
off ポーズパケットを送信しません。
Flow control receive※2 on ポーズパケットを受信します。
off ポーズパケットを受信しません。
TPID 該当ポートでVLANを識別するTagProtocolIDentifier値を表示。
Frame size※3 該当ポートの最大フレーム長をオクテットで表示。
最大フレーム長はMACヘッダからDATAおよびPADまでを示します。
retry 該当ポートが障害によって再起動した回数。※4
Interface name 該当ポートに割り付けられた名称を表示。
description descriptionコンフィグレーションの内容を示します。
descriptionコンフィグレーションは,該当ポートに関する利用目的などをコメントとして設定できる情報です。なお,descriptionコンフィグレーションを設定していない場合は表示しません。

注※1 表示する値が10000未満の場合,小数点を表示しません。
表示する値が10000以上の場合,次のように表示する値によって表示単位が変わります。
  • 表示する値が10000以上の場合,表示単位はk
  • 表示する値が10000k以上の場合,表示単位はM
この場合,小数点第一位までを表示します。

注※2 ポート状態がactive up以外の場合は,常にoff表示になります。

注※3 ポート状態がactive up以外の場合は,常に-表示になります。

注※4 該当ポートが障害によって再起動した回数は,1時間ごとに初期化されます。また,ポート状態がsuspendになった場合も初期化されます。

表22-5 1000BASE-Xの統計情報表示内容

表示項目 表示内容
分類 [Out octets/packets counter] 送信統計情報
[In octets/packets counter] 受信統計情報
[Out line error counter] 送信系エラー統計情報
[In line error counter] 受信系エラー統計情報
[Line fault counter] 障害統計情報
送信/受信統計情報詳細項目 Octets オクテット数
オクテット数の算出には,badパケットを含むMACヘッダのDAフィールドからFCSまでの範囲を使用しています。
Unicast packets ユニキャスト・パケット数
送信側:送信系エラー統計を含みます。
受信側:受信系エラー統計を含みません。
Multicast packets マルチキャスト・パケット数
送受信系エラー統計を含みません。
なお,ポーズパケットを送受信した場合もカウントされます。
Broadcast packets ブロードキャスト・パケット数
送受信系エラー統計を含みません。
Pause packets ポーズパケット数
64 packets フレーム長が64オクテットのパケット数※1
送受信系エラー統計を含みます。
65-127 packets フレーム長が65〜127オクテットのパケット数※1
送受信系エラー統計を含みます。
128-255 packets フレーム長が128〜255オクテットのパケット数※1
送受信系エラー統計を含みます。
256-511 packets フレーム長が256〜511オクテットのパケット数※1
送受信系エラー統計を含みます。
512-1023 packets フレーム長が512〜1023オクテットのパケット数※1
送受信系エラー統計を含みます。
1024-1518 packets フレーム長が1024オクテット以上のパケット数※1
送受信系エラー統計(Jabber,Long framesは除く)を含みます。
送信系エラー統計情報詳細項目 Underrun アンダーラン発生回数
Error frames エラーによって廃棄されたフレームの総数
受信系エラー統計情報詳細項目 CRC errors 正しいフレーム長で,かつFCSチェックで検出された回数※1※2
Alignment 正しいフレーム長ではなく,かつFCSチェックで検出された回数※1※2
Fragments ショートフレーム(フレーム長64オクテット未満)で,かつFCSエラー,またはAlignmentエラー発生回数※1※2
Jabber ロングフレーム(最大フレーム長を超えたフレーム)で,かつFCSエラー,またはAlignmentエラー発生回数※1※2
Symbol errors シンボルエラー発生回数
Short frames フレーム長未満のパケット受信回数※1
Long frames フレーム長を超えたパケット受信回数※1
Overrun オーバーラン発生回数
Error frames エラーによって廃棄されたフレームの総数(CRC errors,Fragments,Jabber,Symbol errors,Short frames,Long frames,Overrunの合計値)
障害統計情報詳細項目 Link down リンク不確立回数
Signal detect errors 信号線未検出の回数
Transceiver notconnect トランシーバ抜去発生回数
Link down in operational state 通信中障害(リンク不確立)発生回数
Signal detect errors in operational state 通信中障害(信号線未検出)の発生回数
Transceiver notconnect in operational state 通信中障害(トランシーバ抜去)の発生回数

注※1 フレーム長とはMACヘッダからFCSまでを示します。

注※2 NL1G-12Sではポートがupしたときにカウントすることがあります。


[通信への影響]

なし

[応答メッセージ]

表22-6 show interfaces (1000BASE-X)(イーサネット)コマンドの応答メッセージ一覧

メッセージ 内容
The command cannot be executed in the standby system. このコマンドは待機系では実行できません。
The command cannot be executed. Try again. コマンドを実行できません。再実行してください。
The command is not authorized by the RADIUS/TACACS+ server or the configuration. このコマンドはRADIUSサーバ,TACACS+サーバ,またはコンフィグレーションで承認されていません。
The NIF number is invalid. (NIF number = <nif no.>) NIF番号が範囲外です。指定パラメータを確認してください。
<nif no.>:NIF番号
The NIF that controls the specified port is not supported. (NIF/port = <nif no.>/<port no.>) 指定されたポートを制御するNIFが未サポートです。指定パラメータを確認してください。
<nif no.>:NIF番号
<port no.>:ポート番号
The port number is invalid. (port number = <port no.>) ポート番号が範囲外です。指定パラメータを確認してください。
<port no.>:ポート番号
The specified NIF is not connected. (NIF = <nif no.>) 指定NIFは未搭載,または未使用です。指定パラメータを確認してください。
<nif no.>:NIF番号
The specified port is not a gigabit Ethernet port. (NIF/port = <nif no.>/<port no.>) 指定されたポートは1000BASE-Xではありません。指定パラメータを確認してください。
<nif no.>:NIF番号
<port no.>:ポート番号
There is no operational port. 実行可能なポートはありません。指定パラメータを確認してください。

[注意事項]

  1. 次の場合,平均使用帯域,最大使用帯域および統計情報のカウンタ値はクリアされます。
    • PSUの再起動時
    • PSUのハードウェア障害時
    • PSUに対して,inactivate psuコマンドでinactive状態を指示した場合
    • PSUに対して,コンフィグレーションコマンドno power enableでdisable状態を指示した場合
    • NIFの再起動時
    • NIFのハードウェア障害時
    • NIFに対して,inactivate nifコマンドでinactive状態を指示したあとに,activate nifコマンドでinactive状態の解除を指示した場合
    • NIFに対して,コンフィグレーションコマンドno power enableでdisable状態を指示したあとに,コンフィグレーションコマンドpower enableでdisable状態の解除を指示した場合
  2. clear countersコマンドを実行すると,統計情報のカウンタ値はクリアされます。

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.