運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


eventmonitor.get_exec_trigger

スクリプトの起動契機を取得します。

[関数名]

get_exec_trigger()

[引数]

なし

[戻り値]

辞書型

キー値 'type'
起動契機を格納します。
  • eventmonitor.OPERATE_COMMAND:コマンドスクリプト
  • eventmonitor.RESIDENT:常駐スクリプト
  • eventmonitor.APPLET:アプレット(イベント起動スクリプト)

キー値 'applet'
起動契機がeventmonitor.APPLETの場合,アプレット詳細情報を格納します。
アプレット詳細情報については,「表20-15 アプレット詳細情報」を参照してください。

[例外]

表20-14 eventmonitor.get_exec_triggerの例外クラス一覧

例外クラス名 説明
SystemError システムエラーが発生しました。
KeyboardInterrupt [Ctrl+C]の入力によってコマンドが中断されました。

[詳細]

この関数を呼び出したスクリプトの起動契機を取得します。

[注意事項]

なし

[備考]

 

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.