運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


eventmonitor.regist_interval_timer

intervalタイマを登録します。

[関数名]

regist_interval_timer(interval, priority = eventmonitor.NORMAL)

[引数]

interval
指定した周期(単位:秒)でイベントを発生させます。指定できる値の範囲は,1〜4294967です。

priority
本タイマが発生したときの通知優先度を指定します。
  • eventmonitor.HIGH:高
  • eventmonitor.NORMAL:中(デフォルト値)
  • eventmonitor.LOW:低
  • eventmonitor.LAST:最低
通知優先度が高/中/低のイベントは,次の割合で通知します。
高:中:低 = 6:3:1
通知優先度が最低のイベントは,高/中/低のイベントをすべて通知したあと,通知します。

[戻り値]

整数型
監視イベントID(一意の値)

[例外]

表20-10 eventmonitor.regist_interval_timerの例外クラス一覧

例外クラス名 説明
TypeError 引数の型に誤りがあります。
ValueError 引数に不正な値が指定されています。
SystemError システムエラーが発生しました。
KeyboardInterrupt [Ctrl+C]の入力によってコマンドが中断されました。
eventmonitor.RegisterMax イベント登録数が上限に達しています。
eventmonitor.RegistrationError イベント登録に失敗しました。

[詳細]

引数に指定したintervalタイマを登録します。

正常終了の場合,戻り値に監視イベントID(正の整数)の値が格納されます。異常終了の場合,例外を返します。

intervalタイマ監視登録は,cronタイマ監視登録と合わせて装置当たり最大256件登録できます。256件を超えた場合は例外(eventmonitor.RegisterMax)を返します。

[注意事項]

なし

[備考]

なし

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.