運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


show event manager monitor

監視イベント情報を表示します。

[入力形式]

show event manager monitor {applet [name <applet name>] | script [pid <pid>]} [type {timer | sysmsg}] [detail]

[入力モード]

一般ユーザモードおよび装置管理者モード

[パラメータ]

{applet [name <applet name>] | script [pid <pid>]}

applet [name <applet name>]
アプレット機能で監視中のイベント情報を表示します。
name <applet name>を指定した場合は,指定したアプレットで監視中のイベント情報を表示します。<applet name>には,アプレット名を31文字以内で指定します。1文字目は英数字,2文字目以降は英数字とハイフン(-),アンダースコア(_)が使用できます。
name <applet name>を省略した場合は,すべてのアプレット機能で監視中のイベント情報を表示します。

script [pid <pid>]
スクリプトで登録した監視中のイベント情報を表示します。
pid <pid>を指定した場合は,指定したプロセスIDのスクリプトで登録した監視中のイベント情報を表示します。<pid>に指定できる値の範囲は1〜30000です。
pid <pid>を省略した場合は,すべてのスクリプトで登録した監視中のイベント情報を表示します。

type {timer | sysmsg}
指定したイベント種別の監視イベント情報を表示します。

timer
タイマ監視の監視イベント情報を表示します。

sysmsg
システムメッセージ監視の監視イベント情報を表示します。

本パラメータ省略時の動作
すべてのイベント種別の監視イベント情報を表示します。

detail
監視イベントの詳細情報を表示します。

本パラメータ省略時の動作
監視イベント情報を表示します。

すべてのパラメータ省略時の動作
すべての監視イベント情報を表示します。

[実行例]

図19-11 アプレット機能で登録した監視イベント情報の表示

> show event manager monitor applet
Date 20XX/10/25 12:15:15 UTC
3 event(timer:2, sysmsg:1)
applet name                     type         start time                   detection
------------------------------- ------------ --------------------------- ----------
monitor1                        timer        20XX/10/24 12:03:57 UTC             23
monitor2                        sysmsg       20XX/10/24 12:04:08 UTC              1
monitor3                        timer        (disable)                            0
>
 

図19-12 アプレット名がmonitor2のアプレットで登録した監視イベント情報の表示

> show event manager monitor applet name monitor2
Date 20XX/10/25 12:15:15 UTC
applet name                     type         start time                   detection
------------------------------- ------------ --------------------------- ----------
monitor2                        sysmsg       20XX/10/24 12:04:08 UTC              1
>
 

図19-13 アプレット名がmonitor1のアプレットで登録した監視イベント詳細情報の表示

> show event manager monitor applet name monitor1 detail
Date 20XX/10/25 12:25:10 UTC
applet name: monitor1
  type: timer
    condition
      cron: "0 * * * *"
    start time: 20XX/10/24 12:03:57 UTC
    statistics
      detection:         23
      discard:            0
  priority: normal
  action
    1 python start.py "monitor1" "timer"
    2 python test.py
    5 python end.py
>
 

図19-14 スクリプトで登録した監視イベント情報の表示

> show event manager monitor script 
Date 20XX/10/25 12:25:10 UTC
3 event(timer:1, sysmsg:2)
  PID name                  event ID type         start time                   detection
----- ------------------- ---------- ------------ --------------------------- ----------
 2543 test1.py              16777216 timer        20XX/10/24 13:12:57 UTC             23
                            33554432 sysmsg       20XX/10/24 13:12:56 UTC              0
12345 test2.py              33554433 sysmsg       20XX/10/24 15:10:01 UTC              1
>
 

図19-15 プロセスIDが12345のスクリプトで登録した監視イベント情報の表示

> show event manager monitor script pid 12345 
Date 20XX/10/25 12:25:10 UTC
1 event(sysmsg:1)
  PID name                  event ID type         start time                   detection
----- ------------------- ---------- ------------ --------------------------- ----------
12345 test2.py              33554433 sysmsg       20XX/10/24 15:10:01 UTC              1
>
 

図19-16 スクリプトで登録したシステムメッセージの監視イベント情報の表示

> show event manager monitor script type sysmsg
Date 20XX/10/25 12:25:10 UTC
2 event
  PID name                  event ID type         start time                   detection
----- ------------------- ---------- ------------ --------------------------- ----------
 2543 test1.py              33554432 sysmsg       20XX/10/24 13:12:56 UTC              0
12345 test2.py              33554433 sysmsg       20XX/10/24 15:10:01 UTC              1
>
 

図19-17 プロセスIDが2543のスクリプトで登録した監視イベント詳細情報の表示

> show event manager monitor script pid 2543 detail
Date 20XX/10/25 12:25:10 UTC
2 event(timer: 1, sysmsg: 1)
PID: 2543
name: test1.py
  event ID: 33554432
    type: timer
    condition
      cron: "0 * * * *"
    notice priority: last
    start time: 20XX/10/24 13:12:57 UTC
    statistics
      detection:         23
      discard
          detector:       0
          script:         0
 
  event ID: 33554433
    type: sysmsg
    condition
      event level: S0 S1 S2
      message type: "NIF"
    notice priority: normal
    start time: 20XX/10/24 13:12:56 UTC
    statistics 
      detection:          0
      discard
          detector:       0
          script:         0
>

[表示説明]

表19-13 show event manager monitorコマンドの表示内容

表示項目 表示内容 表示詳細情報
Warning 警告 "System message was discarded before searching. (discard count: <count>, last time: <time>)"
<count>:廃棄数
<time>:廃棄した最終時刻
システムメッセージ監視で,システムメッセージと監視条件をマッチングする前に廃棄が発生した場合に表示します。
<value> event イベント数 <value>:表示対象の監視イベント数※1
timer タイマ監視数 表示対象のタイマ監視数※1
sysmsg システムメッセージ監視数 表示対象のシステムメッセージ監視数※1
applet name アプレット名
PID プロセスID
name スクリプトファイル名またはモジュール名 detailパラメータの指定がない場合,名称が20文字以上のときは先頭から19文字までを表示します。
event ID イベントID
type イベント種別 timer:タイマ監視
sysmsg:システムメッセージ監視
condition 監視条件※2
priority 通知優先度 high:高
normal:中
low:低
last:最低
notice priority
start time 監視開始時刻 イベント監視を開始した時刻
アプレット機能のイベント監視で,コンフィグレーションコマンドdisableが有効な場合は"(disable)"を,イベント監視が開始されていない場合は"-"を表示します。
statistics 統計情報
detection イベント検知回数 イベント管理機能部が検知したイベント数
discard イベント廃棄回数
detector イベント廃棄回数詳細 監視プログラムでイベント発生通知を廃棄した数
script イベント廃棄回数詳細 スクリプトでイベント発生通知を廃棄した数
action 登録アクション アプレットに登録されたアクションシーケンス番号およびアクション

注※1 表示中に監視イベント数が変更した場合は,実際の表示数と一致しないことがあります。

注※2 イベント種別に応じて,次の表に示す監視条件を表示します。


表19-14 イベント種別ごとの監視条件(condition)の表示内容

イベント種別 表示項目 表示内容 表示詳細情報
timer cron cron形式のタイマ監視 イベント発行時刻をcron形式で表示します。
interval interval形式のタイマ監視 時間間隔を秒単位で表示します。
sysmsg bcu number BCU番号
duplex status 系状態 active:運用系BCUが出力したシステムメッセージが監視対象
standby:待機系BCUが運用系BCUに出力したシステムメッセージが監視対象
event level イベントレベル S0〜S7:監視対象のイベントレベル
複数のイベントレベルが表示されている場合は,監視対象が複数であることを示します。
message type メッセージ種別
message type (detail) メッセージ種別詳細情報
message id メッセージ識別子
additional info (upper) 付加情報上位2桁
additional info (lower) 付加情報下位12桁
message text メッセージテキスト

[通信への影響]

なし

[応答メッセージ]

表19-15 show event manager monitorコマンドの応答メッセージ一覧

メッセージ 内容
Specified applet name is not registered. 指定したアプレット名は登録されていません。
Specified script is not running. 指定したスクリプトは起動していません。
The command cannot be executed in the standby system. このコマンドは待機系では実行できません。
The command cannot be executed. Try again. コマンドを実行できません。再実行してください。
The command is not authorized by the RADIUS/TACACS+ server or the configuration. このコマンドはRADIUSサーバ,TACACS+サーバ,またはコンフィグレーションで承認されていません。

[注意事項]

なし

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.