運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


show event manager history

監視イベントの発生履歴を表示します。

[入力形式]

show event manager history {applet | script}

[入力モード]

一般ユーザモードおよび装置管理者モード

[パラメータ]

{applet | script}

applet
アプレット機能で監視中のイベント発生履歴を表示します。

script
スクリプトで登録した監視イベントの発生履歴を表示します。

[実行例1]

図19-9 アプレット機能で監視中のイベント発生履歴の表示

> show event manager history applet
Date 20XX/10/25 12:25:10 UTC
time(event occur)           time(action start)          applet name                type
--------------------------- --------------------------- -------------------------- ----------
20XX/10/25 12:00:00 UTC     20XX/10/25 12:00:00 UTC     every-one-hour             timer
20XX/10/25 11:34:33 UTC     20XX/10/25 11:34:34 UTC     NIFlog                     sysmsg
20XX/10/25 11:00:00 UTC     20XX/10/25 11:00:00 UTC     every-one-hour             timer
20XX/10/25 10:00:00 UTC     20XX/10/25 10:00:00 UTC     every-one-hour             timer
20XX/10/25 09:00:00 UTC     20XX/10/25 09:00:01 UTC     every-one-hour             timer
20XX/10/25 08:00:00 UTC     20XX/10/25 08:00:01 UTC     every-one-hour             timer
20XX/10/25 07:00:00 UTC     20XX/10/25 07:00:01 UTC     every-one-hour             timer
20XX/10/25 06:12:57 UTC     20XX/10/25 06:12:57 UTC     OSPFlog                    sysmsg
                                :
                                :
>

[実行例1の表示説明]

表19-10 show event manager history appletの表示内容

表示項目 表示内容 表示詳細情報
time(event occur) イベント発生時刻
time(action start) アクション実行時刻
applet name アプレット名
type イベント種別 timer:タイマ監視
sysmsg:システムメッセージ監視

[実行例2]

図19-10 スクリプトで登録した監視イベントの発生履歴の表示

> show event manager history script
Date 20XX/10/25 12:25:10 UTC
time                        name                      PID   event ID type
--------------------------- ----------------------- ----- ---------- ----------
20XX/10/05 13:12:57 UTC     sample1.py               2543   16777216 timer
20XX/10/04 23:01:55 UTC     sample1.py               2543   33554432 sysmsg
20XX/10/04 02:00:00 UTC     sample1.py               2543   16777216 timer
20XX/10/03 02:00:00 UTC     sample1.py               2543   16777216 timer
20XX/10/02 10:11:23 UTC     sample2.py              12345   33554433 sysmsg
20XX/10/02 02:00:00 UTC     sample1.py               2543   16777216 timer
20XX/10/01 02:00:00 UTC     sample1.py               2543   16777216 timer
                                :
                                :
>

[実行例2の表示説明]

表19-11 show event manager history scriptの表示内容

表示項目 表示内容 表示詳細情報
time イベント発生時刻
name スクリプトファイル名またはモジュール名 該当イベントの登録元または通知先スクリプトの,ファイル名またはモジュール名
名称が24文字以上のときは,先頭から23文字までを表示します。
(interactive):インタラクティブモード
PID プロセスID 該当イベントの監視を要求したスクリプトのプロセスID
event ID イベントID
type イベント種別 timer:タイマ監視
sysmsg:システムメッセージ監視

[通信への影響]

なし

[応答メッセージ]

表19-12 show event manager historyコマンドの応答メッセージ一覧

メッセージ 内容
The command cannot be executed. Try again. コマンドを実行できません。再実行してください。
The command is not authorized by the RADIUS/TACACS+ server or the configuration. このコマンドはRADIUSサーバ,TACACS+サーバ,またはコンフィグレーションで承認されていません。

[注意事項]

なし

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.