運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


snmp rwalk

SNMPエージェントにリモートアクセスして,指定オブジェクトインスタンスの次の管理情報から該当オブジェクトのすべてのインスタンスを表示します。

[入力形式]

snmp rwalk [version { 1 | 2 }] <ip address> <community> <variable name>

[入力モード]

一般ユーザモードおよび装置管理者モード

[パラメータ]

version { 1 | 2 }
SNMPのバージョンを指定する。

本パラメータ省略時の動作
1になります。

<ip address>
リモートアクセスする装置のIPアドレスを指定します。IPv4アドレスだけを指定できます。

<community>
リモート装置のコミュニティ名称を指定します。

<variable name>
MIBのオブジェクト名称,またはドット記法でオブジェクトを指定します。

[実行例]

図18-14 snmp rwalkコマンド実行例

> snmp rwalk version 2 192.0.2.1 public ifDescr
 
Name: ifDescr.1
Value: MGMT0
 
Name: ifDescr.1000
Value: loopback
 
Name: ifDescr.6001
Value: channel-group 1
 
Name: ifDescr.10101
Value: GigabitEther 1/1
         :
         :
>
 
> snmp rwalk version 2 192.0.2.1 public 1.3.6.1.2.1.2.2.1.2
 
Name: ifDescr.1
Value: MGMT0
 
Name: ifDescr.1000
Value: loopback
 
Name: ifDescr.6001
Value: channel-group 1
 
Name: ifDescr.10101
Value: GigabitEther 1/1
         :
         :
>

[表示説明]

表18-25 snmp rwalkコマンドの表示内容

表示項目 表示内容 表示詳細情報
Name 指定した次のオブジェクトインスタンス
Value 指定した次のオブジェクトインスタンス値

[通信への影響]

なし

[応答メッセージ]

表18-26 snmp rwalkコマンドの応答メッセージ一覧

メッセージ 内容
A MIB object name is invalid. (object = <object name or object id>) MIBオブジェクト名称が不正です。
<object name or object id>:オブジェクト名称またはオブジェクトID
A receive error occurred. 受信エラーが発生しました。
A received SNMP packet includes an invalid status code. (code = <code>) 不正なステータスコードを含むSNMPパケットを受信しました。
<code>:ステータスコード
An error code in a packet from the SNMP agent indicates that a MIB value exceeds the maximum. 該当SNMPエージェントから,MIB値が許容サイズを超えているというエラーを受信しました。
An error code in a packet from the SNMP agent indicates that a MIB value for a specified object ID is not obtained. (ID of non-acquired object = <number>) 該当SNMPエージェントから,指定したオブジェクトIDのMIB値が正しく取得できないというエラーを受信しました。なお,取得できないオブジェクトIDは<number>番目に指定したものです。
<number>:指定した順番
Sending of an SNMP packet failed. SNMPパケットの送信に失敗しました。
SNMP packet request IDs do not match. (received = <id1>, expected = <id2>) 識別番号<id2>のSNMPパケットを要求しましたが,識別番号<id1>のSNMPパケットを受信しました。または,MIB検索でタイムアウトが発生しました。
<id1>:識別番号
<id2>:識別番号
The command cannot be executed in the standby system. このコマンドは待機系では実行できません。
The command is not authorized by the RADIUS/TACACS+ server or the configuration. このコマンドはRADIUSサーバ,TACACS+サーバ,またはコンフィグレーションで承認されていません。
The dot syntax for the specified object ID (make_obj_id_from_dot) is invalid because it includes the character x, y, or z. ドット記法で指定したオブジェクトIDの中に不正な文字x,y,zが含まれています。
The format of a received SNMP packet is invalid. 不正なフォーマットのSNMPパケットを受信しました。
The format of a received SNMP PDU is invalid. 不正なフォーマットのSNMP PDUを受信しました。
The SNMP agent is not responding. The operation will be retried. 該当SNMPエージェントからの応答がないためリトライ中です。
The SNMP agent is not responding. Try again. 該当SNMPエージェントからの応答がありません。再実行してください。
The specified SNMP agent address is invalid. (address = <snmp agent ip address>) 指定したSNMPエージェントアドレスが不正です。
<snmp agent ip address>:SNMPエージェントアドレス

[注意事項]

  1. 対象装置のインタフェース数が多い場合,IP関連のMIB情報の検索で時間が掛かり,タイムアウトが発生することがあります。この場合,snmp rgetコマンドで取得するか,snmp rgetnextコマンドでインデックス値を順に指定して取得してください。
  2. 文字列を出力するSYNTAXのMIB値で,そのすべてがASCIIコードで変換できる文字(範囲は0x20〜0x7e,0x0a,0x0d)の場合,ASCIIコードで変換した文字列を出力します。例えば,ifPhysAddressのMIB値が"0x41 0x42 0x43 0x44 0x45 0x46"の場合は"ABCDEF"を出力します。

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.