運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


reload sfu

SFUを再起動します。再起動時の自己診断テストの実行を指定できます。

[入力形式]

reload [-f] sfu <sfu no.> [self-diagnosis]

[入力モード]

一般ユーザモードおよび装置管理者モード

[パラメータ]

-f
確認メッセージを出力しないでコマンドを実行します。

本パラメータ省略時の動作
確認メッセージを出力します。

<sfu no.>
再起動するSFU番号を指定します。指定できるSFU番号の値の範囲は,「パラメータに指定できる値」を参照してください。

self-diagnosis
SFUの再起動時に自己診断テストを実行します。

本パラメータ省略時の動作
SFUの再起動時に自己診断テストを実行しません。

[実行例]

  1. SFU番号1のSFUを再起動します。
    > reload sfu 1
  2. 確認メッセージが表示されます。
    Are you sure you want to restart sfu 1? (y/n):
     
    ここで"y"を入力するとSFU番号1のSFUが再起動します。

[表示説明]

なし

[通信への影響]

再起動中は該当するSFUを使用した通信ができなくなります。

[応答メッセージ]

表12-9 reload sfuコマンドの応答メッセージ一覧

メッセージ 内容
The command cannot be executed in the standby system. このコマンドは待機系では実行できません。
The command cannot be executed. Try again. コマンドを実行できません。再実行してください。
The command is not authorized by the RADIUS/TACACS+ server or the configuration. このコマンドはRADIUSサーバ,TACACS+サーバ,またはコンフィグレーションで承認されていません。
The specified SFU is not active. (SFU = <sfu no.>) 指定SFUはactive状態ではありません。指定パラメータを確認してください。
<sfu no.>:SFU番号
The specified SFU is not connected. (SFU = <sfu no.>) 指定SFUは未搭載,または未使用です。指定パラメータを確認してください。
<sfu no.>:SFU番号

[注意事項]

  1. 本コマンドでのSFU再起動中にBCUの系切替が発生した場合は,SFUを起動し直します。その際,自己診断テストを実行します。

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.