運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


show nif

NIF情報およびポートのsummary情報を表示します。

[入力形式]

show nif [<nif no.>]

[入力モード]

一般ユーザモードおよび装置管理者モード

[パラメータ]

<nif no.>
NIF番号を指定します。指定できるNIF番号の値の範囲は,「パラメータに指定できる値」を参照してください。

本パラメータ省略時の動作
本装置内の全NIFが指定対象となります。

[実行例]

図12-1 NIF番号を指定した実行結果

>show nif 1
Date 20XX/04/01 12:00:00 UTC
NIF1: active(restart required)  12-port 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T  retry:0
        Average:103Mbps/24Gbps  Peak:150Mbps at 08:10:30
Port1: active up  1000BASE-T full(auto)  0012.e240.0a04
        Bandwidth:1000000kbps  Average out:20Mbps  Average in:10Mbps
        description: test lab area network
Port2: active up  1000BASE-T full(auto)  0012.e240.0a05
        Bandwidth:1000000kbps  Average out:0Mbps  Average in:0Mbps
        description: computer management floor network
Port3: active up  1000BASE-T full(auto)  0012.e240.0a06
        Bandwidth:1000000kbps  Average out:2Mbps  Average in:1Mbps
                               :
                               :
                               :
>

[表示説明]

表12-1 NIF情報表示内容

表示項目 表示内容 表示詳細情報
NIF NIF番号
NIF状態※1 active 運用系として稼働中
initialize 初期化中
fault 障害中
inactive
  • inactivateコマンドによる運用停止状態
  • コンフィグレーションの設定が不十分,または搭載ボードと不一致の状態
  • 搭載誤りによる起動不可状態
notconnect
  • 未搭載
  • 未使用(シングルサイズのNIFを搭載時,+2したNIF番号は本表示となります)
disable コンフィグレーションコマンドno power enableによる運用停止状態
power shortage 電力不足による運用停止状態
notsupport 未サポートのNIF搭載による運用停止状態
(NIF更新状態)※2 update executing HDC更新中
restart required HDC適用またはコンフィグレーション変更のため,NIFの再起動が必要
update failed HDC更新に失敗
NIF種別 12-port 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T・12回線
24-port 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T・24回線
12-port 1000BASE-X(SFP) 1000BASE-X・SFP・12回線
24-port 1000BASE-X(SFP) 1000BASE-X・SFP・24回線
6-port 10GBASE-R(SFP+) 10GBASE-R・SFP+・6回線
12-port 10GBASE-R(SFP+) 10GBASE-R・SFP+・12回線
4-port 40GBASE-R(QSFP+) 40GBASE-R・QSFP+・4回線
1-port 100GBASE-R(CFP) 100GBASE-R・CFP・1回線
- NIF種別が不明です。
次の場合に本表示となります。
  • NIFが未搭載
  • 未サポートNIFが搭載されている
retry NIFが障害によって再起動した回数※3
Average コマンド実行した時刻の前1分のNIF当たりの平均の使用帯域を表示(NIF当たりの使用回線帯域/NIF当たりの最大帯域)。
本値は1bitも通信がない場合は0Mbps,1bit以上1.5Mbit未満の場合は1Mbpsを表示。1.5Mbit以上は,小数点第一位に対して四捨五入を行い表示。
bpsの算出には,フレーム長のMACヘッダからFCSまでの範囲を使用しています。
Peak コマンド実行した時刻の前24時間のNIF当たりの使用回線帯域の最大値および時刻(時:分:秒)を表示。
本値は1bitも通信がない場合は0Mbps,1bit以上1.5Mbit未満の場合は1Mbpsを表示。1.5Mbit以上は,小数点第一位に対して四捨五入を行い表示。
bpsの算出には,フレーム長のMACヘッダからFCSまでの範囲を使用しています。

注※1 情報が取得できない場合は"-"を表示します。

注※2 HDCの更新を実施していない,またはコンフィグレーションの変更によるNIFの再起動要求がない状態では,本情報は表示されません。HDC更新中(update executing)が表示された場合は,HDCの更新が完了するまで待ってください。HDC更新に失敗(update failed)が表示された場合は,update softwareコマンドで再度アップデートしてください。

注※3 NIFが障害によって再起動した回数は,1時間ごとに初期化されます。また,次の場合も初期化されます。


表12-2  ポート情報表示内容

表示項目 表示内容 表示詳細情報
Port ポート番号
ポート状態 ポート状態については,各show interfacesコマンドの表示項目<ポート状態>を参照してください。
回線種別 回線種別については,各show interfacesコマンドの表示項目<回線種別>を参照してください。
MACアドレス 該当ポートのMACアドレス
トランシーバ種別 トランシーバ種別については,各show interfacesコマンドの表示項目<トランシーバ種別>を参照してください。
トランシーバ状態 トランシーバ状態については,各show interfacesコマンドの表示項目<トランシーバ状態>を参照してください。
Bandwidth Bandwidthについては,各show interfacesコマンドの表示項目<Bandwidth>を参照してください。
Average out Average outについては,各show interfacesコマンドの表示項目<Average out>を参照してください。
Average in Average inについては,各show interfacesコマンドの表示項目<Average in>を参照してください。
description descriptionについては,各show interfacesコマンドの表示項目<description>を参照してください。

注※ トランシーバが交換可能なNIFの場合に表示します。


[通信への影響]

なし

[応答メッセージ]

表12-3 show nifコマンドの応答メッセージ一覧

メッセージ 内容
The command cannot be executed in the standby system. このコマンドは待機系では実行できません。
The command cannot be executed. Try again. コマンドを実行できません。再実行してください。
The command is not authorized by the RADIUS/TACACS+ server or the configuration. このコマンドはRADIUSサーバ,TACACS+サーバ,またはコンフィグレーションで承認されていません。
The NIF number is invalid. (NIF number = <nif no.>) NIF番号が範囲外です。指定パラメータを確認してください。
<nif no.>:NIF番号

[注意事項]

なし

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.