運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


show psu resources

PSUの運用状態および使用中のリソース情報を表示します。

[入力形式]

show psu resources [<psu no.>]

[入力モード]

一般ユーザモードおよび装置管理者モード

[パラメータ]

<psu no.>
指定したPSUの運用状態および使用中のリソース情報を表示します。指定できるPSU番号の値の範囲は,「パラメータに指定できる値」を参照してください。

本パラメータ省略時の動作
本装置に搭載されているすべてのPSUの運用状態と使用中のリソース情報を表示します。

[実行例]

図11-14 PSU番号を指定した場合の表示例

> show psu resources 1
Date 20XX/04/01 12:00:00 UTC
PSU1    :     PSU-11        active
Forwarding Database Management
    Forwarding-table allocation
        Configuration = default
        Current       = default
    Inbound
        IPv4 Unicast resources Used/Max        :          5/      49152
        IPv4 Multicast resources Used/Max      :          0/       4000
        IPv6 Unicast resources Used/Max        :          3/      32768
        IPv6 Multicast resources Used/Max      :          0/       4000
        MAC Address resources Used/Max         :          0/      32768
            MAC Address (Learned) Used                               :         0
            MAC Address (not Learned ARP,NDP resolved) Used          :         0
            MAC Address (IGMP/MLD snooping) Used                     :         0
        Shared resources Used/Max bytes        :          0/    8388608
    Outbound
        Outbound forwarding resources Used/Max :          0/      65536
        Destination resources Used/Max bytes   :    1155072/    7340032
Flow Database Management
    Flow-table allocation
        Configuration = default
        Current       = default
    Flow detection mode
        Configuration = quantity-oriented
        Current       = quantity-oriented
        Filter resources Used/Max              :       1856/      16000
          MAC                                  :        239
          IPv4                                 :       1046
          IPv6                                 :        571
          Advance                              :          0
        Policy based mirroring resources Used/Max :          0/          0
          MAC                                  :          0
          IPv4                                 :          0
          IPv6                                 :          0
          Advance                              :          0
        QoS resources Used/Max                 :       1206/      16000
          MAC                                  :         18
          IPv4                                 :        814
          IPv6                                 :        374
          Advance                              :          0
        Policer resources
          Inbound  Used/Max                    :        300/       8000
          Outbound Used/Max                    :        300/       8000
>

[表示説明]

表11-30 show psu resourcesコマンドの表示内容

表示項目 表示内容 表示詳細情報※1
PSU<psu no.>:<psu type> <psu status> PSU番号
PSU種別※2 PSU種別を特定できない場合は"-"を表示します。
PSUの動作状態 active:運用系として稼働中
fault:障害中
inactive:次のどちらかの状態
  • inactivateコマンドによる運用停止状態
  • 稼働中のハードウェアプロファイルでサポートされていないボード搭載による運用停止状態
notsupport:未サポートのボード搭載による運用停止状態
power shortage:電力不足による運用停止状態
notconnect:未搭載
initialize:初期化中
disable:コンフィグレーションコマンドno power enableによる運用停止状態
(PSUの更新状態)※3※4 (update executing):HDC更新中
(restart required):HDC適用またはコンフィグレーション変更のため,PSUボードの再起動が必要
(update failed):HDC更新に失敗
Forwarding Database Management 経路系エントリ情報
Forwarding-table allocation PSUが動作している経路系エントリの配分パターン情報
Configuration = <configuration> コンフィグレーションコマンドで設定した経路系エントリの配分パターン※5 default:該当ハードウェアプロファイルに適した標準的な配分
vlan:MACアドレステーブル優先の配分
access:ARP/NDP優先の配分
custom:ユーザカスタマイズ配分
Current = <current> PSUが動作している経路系エントリの配分パターン※5 default:該当ハードウェアプロファイルに適した標準的な配分
vlan:MACアドレステーブル優先の配分
access:ARP/NDP優先の配分
custom:ユーザカスタマイズ配分
Inbound Inbound側の指定
IPv4 Unicast resources Used/Max IPv4ユニキャスト経路テーブルで使用中のエントリ数と使用可能な最大エントリ数 <used>:使用中のエントリ数
<max>:使用可能な最大エントリ数
IPv4 Multicast resources Used/Max IPv4マルチキャスト経路テーブルで使用中のエントリ数と使用可能な最大エントリ数 <used>:使用中のエントリ数
<max>:使用可能な最大エントリ数
IPv6 Unicast resources Used/Max IPv6ユニキャスト経路テーブルで使用中のエントリ数と使用可能な最大エントリ数 <used>:使用中のエントリ数
<max>:使用可能な最大エントリ数
IPv6 Multicast resources Used/Max IPv6マルチキャスト経路テーブルで使用中のエントリ数と使用可能な最大エントリ数 <used>:使用中のエントリ数
<max>:使用可能な最大エントリ数
MAC Address resources Used/Max MACアドレステーブルで使用中のエントリ数と使用可能な最大エントリ数 <used>:使用中のエントリ数
<max>:使用可能な最大エントリ数
MAC Address (Learned) Used MACアドレステーブルで使用中の,MACアドレス学習によるエントリ数
MAC Address (not Learned ARP,NDP resolved) Used MACアドレステーブルで使用中の,未学習MACアドレスのARPエントリおよびNDPエントリによるエントリ数
MAC Address (IGMP/MLD snooping) Used IGMP/MLD snoopingによるMACアドレステーブル使用中エントリ数
Shared resources Used/Max bytes PSU中継で使用する入力情報の使用容量と使用可能な最大容量※6 バイト単位で表示します。
<used>:使用容量
<max>:使用可能な最大容量
Outbound Outbound側の指定
Outbound forwarding resources Used/Max Outbound forwarding resourcesテーブルで使用中のエントリ数と使用可能な最大エントリ数※7 <used>:使用中のエントリ数
<max>:使用可能な最大エントリ数
Destination resources Used/Max bytes PSU中継で使用する出力先情報の使用容量と使用可能な最大容量※6 バイト単位で表示します。
<used>:使用容量
<max>:使用可能な最大容量
Flow Database Management フロー系エントリ情報
Flow-table allocation フロー系エントリの配分パターン情報
Configuration = <configuration> コンフィグレーションコマンドで設定したフロー系エントリの配分パターン※8 default:フィルタとQoSフローを均等にした配分
filter-only:フィルタだけの配分
qos-only:QoSフローだけの配分
filter:フィルタ重視の配分
qos:QoSフロー重視の配分
mirror:ポリシーベースミラーリングを使用する配分
Current = <current> PSUが動作しているフロー系エントリの配分パターン※8 default:フィルタとQoSフローを均等にした配分
filter-only:フィルタだけの配分
qos-only:QoSフローだけの配分
filter:フィルタ重視の配分
qos:QoSフロー重視の配分
mirror:ポリシーベースミラーリングを使用する配分
Flow detection mode フィルタ・QoSフローのフロー検出モード
Configuration = <configuration> コンフィグレーションコマンドで設定したフィルタ・QoSフローのフロー検出モード※9 condition-oriented:検出条件数重視モード
quantity-oriented:エントリ数重視モード
Current = <current> PSUが動作しているフィルタ・QoSフローのフロー検出モード※9 condition-oriented:検出条件数重視モード
quantity-oriented:エントリ数重視モード
Filter resources Used/Max フィルタ機能が有効となっているエントリ数と使用可能な最大エントリ数 <used>:使用中のエントリ数
<max>:使用可能な最大エントリ数
MAC フィルタ機能が有効となっているMACアクセスリストのフィルタエントリ数
IPv4 フィルタ機能が有効となっているIPv4アクセスリストのフィルタエントリ数
IPv6 フィルタ機能が有効となっているIPv6アクセスリストのフィルタエントリ数
Advance フィルタ機能が有効となっているAdvanceアクセスリストのフィルタエントリ数
Policy based mirroring resources Used/Max ポリシーベースミラーリングが有効となっているエントリ数と使用可能な最大エントリ数 <used>:使用中のエントリ数
<max>:使用可能な最大エントリ数
MAC ポリシーベースミラーリングが有効となっているMACアクセスリストのポリシーベースミラーリングエントリ数
IPv4 ポリシーベースミラーリングが有効となっているIPv4アクセスリストのポリシーベースミラーリングエントリ数
IPv6 ポリシーベースミラーリングが有効となっているIPv6アクセスリストのポリシーベースミラーリングエントリ数
Advance ポリシーベースミラーリングが有効となっているAdvanceアクセスリストのポリシーベースミラーリングエントリ数
QoS resources Used/Max QoS機能が有効となっているエントリ数と使用可能な最大エントリ数 <used>:使用中のエントリ数
<max>:使用可能な最大エントリ数
MAC QoS機能が有効となっているMAC QoSフローリストのQoSフローエントリ数
IPv4 QoS機能が有効となっているIPv4 QoSフローリストのQoSフローエントリ数
IPv6 QoS機能が有効となっているIPv6 QoSフローリストのQoSフローエントリ数
Advance QoS機能が有効となっているAdvance QoSフローリストのQoSフローエントリ数
Policer resources ポリサー機能のエントリ数
Inbound Used/Max Inboundで有効となっているポリサー機能のエントリ数と使用可能な最大エントリ数 <used>:使用中のエントリ数
<max>:使用可能な最大エントリ数
Outbound Used/Max Outboundで有効となっているポリサー機能のエントリ数と使用可能な最大エントリ数 <used>:使用中のエントリ数
<max>:使用可能な最大エントリ数

注※1 情報が取得できない場合は"-"を表示します。

注※2 PSU状態が未搭載の場合や未サポートボードを搭載している場合などはPSU種別が特定できません。

注※3 H/Wにコンフィグレーションコマンドの配分パターンを適用するためにPSUボードの再起動が必要な場合は,"(restart required)"を表示します。

注※4 HDCの更新を実施していない,またはコンフィグレーションの変更によるPSUの再起動要求がない状態では,本情報は表示されません。

注※5 PSUが動作している経路系エントリの配分パターンと,コンフィグレーションコマンドで設定した経路系エントリの配分パターンが不一致の場合,該当するPSUを再起動してください。再起動が完了すると,コンフィグレーションコマンドで設定した経路系エントリの配分パターンで動作します。

注※6 装置内で予約済みのエントリなど,ユーザで使用できないエントリ容量も含まれます。

注※7 ARP,NDP,IPv4マルチキャスト,およびIPv6マルチキャストのエントリ数が含まれます。また,装置内で予約済みのエントリなど,ユーザで使用できないエントリ数も含まれます。

注※8 PSUが動作しているフロー系エントリの配分パターンと,コンフィグレーションコマンドで設定したフロー系エントリの配分パターンが不一致の場合,該当するPSUを再起動してください。再起動が完了すると,コンフィグレーションコマンドで設定したフロー系配分パターンで動作します。

注※9 PSUが動作しているフロー検出モードと,コンフィグレーションコマンドで設定したフロー検出モードが不一致の場合,該当するPSUを再起動してください。再起動が完了すると,コンフィグレーションコマンドで設定したフロー検出モードで動作します。


[通信への影響]

なし

[応答メッセージ]

表11-31 show psu resourcesコマンドの応答メッセージ一覧

メッセージ 内容
The command cannot be executed in the standby system. このコマンドは待機系では実行できません。
The command cannot be executed. Try again. コマンドを実行できません。再実行してください。
The command is not authorized by the RADIUS/TACACS+ server or the configuration. このコマンドはRADIUSサーバ,TACACS+サーバ,またはコンフィグレーションで承認されていません。

[注意事項]

なし

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.