運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


set clock sntp

設定済みのSNTPサーバと時刻を手動で同期します。

[入力形式]

set clock sntp [{<ip address>|<ipv6 address>} [vrf <vrf id>]]

[入力モード]

一般ユーザモードおよび装置管理者モード

[パラメータ]

{<ip address>|<ipv6 address>}
指定したアドレスのSNTPサーバと時刻を同期します。コンフィグレーションコマンドsntp serverで設定されたアドレスを指定してください。

vrf <vrf id>
指定したVRFのSNTPサーバと時刻を同期します。<vrf id>にはコンフィグレーションコマンドvrf definitionで設定されたVRF IDを指定してください。

本パラメータの省略時の動作
グローバルネットワークのSNTPサーバと時刻を同期します。

すべてのパラメータ省略時の動作
現在同期しているSNTPサーバと時刻を同期します。

[実行例]

図8-5 SNTPサーバと時刻を同期

> set clock sntp 192.168.1.100
>

[表示説明]

なし

[通信への影響]

なし

[応答メッセージ]

表8-6 set clock sntpコマンドの応答メッセージ一覧

メッセージ 内容
SNTP is not running. SNTPが使用されていません。
The command cannot be executed because synchronization is on going. Wait a while, and then try again. 時刻を同期中のため実行できません。しばらくしてから再実行してください。
The command cannot be executed in the standby system. このコマンドは待機系では実行できません。
The command is not authorized by the RADIUS/TACACS+ server or the configuration. このコマンドはRADIUSサーバ,TACACS+サーバ,またはコンフィグレーションで承認されていません。
The connection to the SNTP server is refused. Try again. SNTPサーバに接続できません。再実行してください。
The specified address does not exist. 指定したアドレスが存在しません。パラメータを確認してください。

[注意事項]

  1. 本コマンドの実行結果は,show sntp statusコマンドで確認してください。

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.