運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


set ssh hostkey

本装置のSSHv1/SSHv2ホスト鍵ペア(公開鍵および秘密鍵)を変更します。ホスト鍵ペアは初回の装置起動時に自動生成されるため,通常では変更する必要はありません。

なお,BCUを二重化構成で運用していて待機系BCUが運用待機状態にある場合,ホスト鍵ペア変更後にホスト鍵ペアを自動で同期します。

[入力形式]

set ssh hostkey

[入力モード]

装置管理者モード

[パラメータ]

なし

[実行例]

図7-8 SSHv1/SSHv2ホスト鍵ペアの変更

# set ssh hostkey
 
WARNING!!
Would you wish to change the SSH (v1 and v2) Hostkeys? (y/n): y
 
*** Changing the SSHv1 Hostkey, Please wait a minute ***
Generating public/private rsa1 key pair.
Your identification has been saved.
Your public key has been saved.
The key fingerprint is:
42:13:3c:08:3f:1e:96:11:3c:be:86:c8:39:f5:48:d9 1024-bit rsa1 hostkey
 
*** Changing the SSHv2 Hostkey, Please wait a minute ***
Generating public/private rsa key pair.
Your identification has been saved.
Your public key has been saved.
The key fingerprint is:
98:a2:10:90:9c:04:b0:fe:9d:a9:65:25:04:04:e7:98 2048-bit rsa hostkey
 
Generation of the SSHv1 and SSHv2 host keys is complete.
#

[表示説明]

なし

[通信への影響]

なし

[応答メッセージ]

表7-5 set ssh hostkeyコマンドの応答メッセージ一覧

メッセージ 内容
Generation of the SSHv1 and SSHv2 host keys is complete. SSHv1とSSHv2ホスト鍵の変更生成が完了しました。
SSHv1 host key generation was interrupted. Retry the command. シグナル([Ctrl]+[C]など)を受信したか,または内部エラーによってSSHv1ホスト鍵生成がキャンセルされました。
[対応]
コマンドを再実行してください。
SSHv2 host key generation was interrupted. Retry the command. シグナル([Ctrl]+[C]など)を受信したか,または内部エラーによってSSHv2ホスト鍵生成がキャンセルされました。
[対応]
コマンドを再実行してください。
The command cannot be executed because you are in user mode. このコマンドは一般ユーザモードでは実行できません。
The command cannot be executed. Try again. (reason = <reason>) コマンドが実行できませんでした。
<reason>:内部詳細情報
[対応]
コマンドを再実行してください。
The command is not authorized by the RADIUS/TACACS+ server or the configuration. このコマンドはRADIUSサーバ,TACACS+サーバ,またはコンフィグレーションで承認されていません。
The user canceled changing of the host key. ホスト鍵の変更がユーザによってキャンセルされました。

[注意事項]

  1. ホスト鍵ペアは初回の装置起動時に自動生成されるため,通常では変更する必要はありません。

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.