運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


show whoami (who am i)

本装置にログインしているユーザの中で,このコマンドを実行したログインユーザだけを表示します。コマンド制限されている場合は,TACACS+,RADIUS,ローカルパスワードで認証された状況やクラス,コマンドリスト内容を拡張表示します。

[入力形式]

show whoami
who am i

[入力モード]

一般ユーザモードおよび装置管理者モード

[パラメータ]

なし

[実行例]

自ユーザのログイン名を表示します。
> show whoami
Date 20XX/01/07 12:00:00 UTC
shimizu ttyp0    -----  2   Jan  6 14:17 (192.168.0.1)
>

VRF 2からログインした場合の,自ユーザのログイン名を表示します。
> show whoami
Date 20XX/06/16 12:00:00 UTC
tanaka  ttyp2    -----  4   Jun 15 15:52 (192.168.0.1 VRF:2)
>

TACACS+サーバ,RADIUSサーバ,またはローカル(コンフィグレーション)によってコマンド承認が設定されている場合は,以下の拡張表示となります。

[表示説明]

表6-5 show whoamiコマンド表示内容

表示項目 表示内容
ユーザの情報 本コマンドを実行したユーザの情報を表示します。
  • ログインユーザ名
  • tty名
  • コマンド入力モード("admin"(装置管理者モード)または"-----"(一般ユーザモード))
  • ログイン番号
  • 日付,時刻
  • 端末のIPアドレス(リモート運用端末からログインしている場合だけ)
  • VRF ID(VRFからログインしている場合だけ)
Home-directory ホームディレクトリが表示されます。
Authentication 認証種別(RADIUS,TACACS+,LOCAL)
RADIUS,TACACS+で認証された場合は,リモート認証サーバのアドレスの認証情報を表示します。
Authorization コマンド承認種別(TACACS+,LOCAL)
コマンド承認が設定されている場合は,Pythonスクリプトからcommandlineモジュールを使用して本コマンドを実行したときに,Authenticationを表示しないで本項目を表示します。
また,TACACS+でコマンド承認された場合は,コマンド承認サーバのアドレスも表示します。
クラス Class クラス名が表示されます。
クラス設定のない場合は-----が表示されます。
無効なクラス名を設定した場合はクラス名の横に(Invalid Class)が表示されます。なお,無効なクラス名に非ASCII文字などの表示できない文字があった場合は"."に置換して表示します。
Allow クラス設定時に,そのクラスの許可コマンドリスト内容が表示されます。
クラスが"root"の場合はコマンド制限はなくCommand unlimitedが表示されます。本クラスとして許可コマンドリストが規定されていない場合は-----が表示されます。
Deny クラス設定時に,そのクラスの制限コマンドリスト内容が表示されます。
クラスが"root"の場合はコマンド制限はなくCommand unlimitedが表示されます。本クラスとして制限コマンドリストが規定されていない場合は-----が表示されます。
コマンドリスト Command-list コマンドリストの設定がない場合,またはクラスが"root"の場合は-----が表示されます。
Allow 許可コマンドリスト設定時に,そのリストの内容が表示されます。許可コマンドリストが設定されていない場合は-----が表示されます。なお,コマンドリストに非ASCII文字などの表示できない文字があった場合は"."に置換して表示します。
Deny 制限コマンドリスト設定時に,そのリストの内容が表示されます。制限コマンドリストが設定されていない場合は-----が表示されます。なお,コマンドリストに非ASCII文字などの表示できない文字があった場合は"."に置換して表示します。

[通信への影響]

なし

[応答メッセージ]

なし

[注意事項]

  1. ログイン番号はログインユーザを強制ログアウトするときに使用します。
  2. クラス名やコマンドリストに非ASCII文字などの表示できない文字があった場合は"."に置換して表示します。

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.