運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


inactivate mgmt 0

マネージメントポートをactive状態からinactive状態に設定します。

[入力形式]

inactivate mgmt 0

[入力モード]

一般ユーザモードおよび装置管理者モード

[パラメータ]

なし

[実行例]

マネージメントポートをinactive状態にします。

> inactivate mgmt 0
>

[表示説明]

なし

[通信への影響]

マネージメントポートを使用した通信ができなくなります。

[応答メッセージ]

表5-1 inactivate mgmt 0コマンドの応答メッセージ一覧

メッセージ 内容
The command cannot be executed because the system is busy. Wait a while, and then try the command again. システムビジーのためコマンドは受け付けられません。しばらくしてからコマンドを再実行してください。
The command cannot be executed in the standby system. このコマンドは待機系では実行できません。
The command cannot be executed. Try again. コマンドを実行できません。再実行してください。
The command is not authorized by the RADIUS/TACACS+ server or the configuration. このコマンドはRADIUSサーバ,TACACS+サーバ,またはコンフィグレーションで承認されていません。
The management port is already inactive. マネージメントポートはすでにinactive状態です。
The management port is disabled. マネージメントポートはコンフィグレーションによってdisable状態です。
The management port is not operational. マネージメントポートは実行可能状態ではありません。
The management port was not found. マネージメントポートは見つかりません。

[注意事項]

  1. 本コマンドを使用してもコンフィグレーションは変更されません。
  2. 本コマンドでマネージメントポートをinactive状態にした状態で装置を再起動した場合は,マネージメントポートのinactive状態は解除されます。
  3. 本コマンドでinactive状態にしたマネージメントポートをactive状態に戻す場合は,activate mgmt 0コマンドを使用します。

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.