運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


undelete

復元可能な形式で削除された本装置用の内蔵フラッシュメモリ上のファイルを復元します。

[入力形式]

undelete <index>

[入力モード]

一般ユーザモードおよび装置管理者モード

[パラメータ]

<index>
復元するファイルのインデックス番号を指定します。インデックス番号は,dir /allコマンドまたはdir /deletedコマンドでファイルを表示させたときに削除ファイルに割り当てられた,ファイル単位のユニークな番号です。

[実行例]

deleteコマンドで削除されたdeletedファイルを復元します。

図4-12 ファイルの復元

> dir /all
 
Directory of ./:
 - -rw-r--r-- user     user       123117 Jan 27 14:18 userfile1
 - -rw-r--r-- user     user          344 Jan 27 14:55 userfile2
 - -rw-r--r-- user     user        22310 Jan 27 17:38 userfile3
 6 -rw-r--r-- user     user           16 Jan 27 17:57 [userfile4]
> undelete 6
>

[表示説明]

なし

[通信への影響]

なし

[応答メッセージ]

表4-19 undeleteコマンドの応答メッセージ一覧

メッセージ 内容
A file or directory with the same name already exists. 指定したファイルをundeleteするためのディレクトリにすでに同一名のファイルまたはディレクトリが存在します。
Permission is required to access the current directory or specified file. 現在のディレクトリまたは指定されたファイルに対するアクセス権限がありません。
Permission is required to write to the directory storing the specified file. 指定したファイルを格納するディレクトリへの書き込み権限がありません。
Specify a correct index number for the file to be deleted. 削除ファイルに対する正しいインデックス番号を指定してください。
Specify an index number in the range 1-64. インデックス値は1〜64までの数値を指定してください。
Specify an index number. インデックス番号を指定してください。
The 'undelete' command cannot be used with this internal flash memory. (internal code = <code>) 該当する内蔵フラッシュメモリではこのコマンドは使用できません。
<code>:内部コード
The command is not authorized by the RADIUS/TACACS+ server or the configuration. このコマンドはRADIUSサーバ,TACACS+サーバ,またはコンフィグレーションで承認されていません。
The current directory is invalid. 現在のディレクトリは有効ではありません。
The current directory is not in the internal flash memory. 現在のカレントディレクトリは内蔵フラッシュメモリではありません。正しいディレクトリに移動してください。
The index value is invalid. Specify a base-10 number. インデックス値は10進数値を指定してください。
The specified file does not exist. 指定されたファイルは存在しません。
There is no directory to store the specified file for the 'undelete' command. Create a directory to store the file. 指定したファイルをundeleteするためのディレクトリがありません。ファイルを格納するディレクトリを作成してください。

[注意事項]

  1. 本コマンドはdeleteコマンドで削除された内蔵フラッシュメモリ上のファイルだけを操作できます。rmコマンドその他を使用して削除したファイルは復元できません。
  2. 内蔵フラッシュメモリ上に復元するファイルを格納するディレクトリがない場合はファイルを復元できません。
  3. 本コマンドで復元するdeletedファイルのインデックスの確認にはdirコマンドを使用します。
  4. squeezeコマンドで完全に消去したdeletedファイルは,本コマンドで復元できません。
  5. カレントルートディレクトリが内蔵フラッシュメモリでない場合には,本コマンドは失敗します。

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.