運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


rm

指定したファイルを削除します。

[入力形式]

rm [<option>] <file name>
rm mc-file <mc file name>

[入力モード]

一般ユーザモードおよび装置管理者モード

[パラメータ]

<option>

-r
指定したディレクトリ以下のすべてのファイルを削除します。

本パラメータ省略時の動作
指定したファイルだけを削除します。

<file name>
削除対象のファイル名またはディレクトリ名を指定します。

mc-file <mc file name>
削除するMC上のファイル名称を指定します。
MC上のファイル名称の指定にワイルドカードは使用できません。

[実行例]

MC上のファイルfile1を削除します。

>rm mc-file file1

[表示説明]

なし

[通信への影響]

なし

[応答メッセージ]

表4-16 rmコマンドの応答メッセージ一覧

メッセージ 内容
The command cannot be executed. Try again. コマンドを実行できません。再実行してください。
The command is not authorized by the RADIUS/TACACS+ server or the configuration. このコマンドはRADIUSサーバ,TACACS+サーバ,またはコンフィグレーションで承認されていません。
The memory card is busy. ほかのプロセスがMCにアクセスしています。時間をおいて再実行してください。
The memory card is write-protected by the physical Lock switch. MCのプロテクトスイッチが「Lock」になっていないことを確認してください。「Lock」になっている場合は,スイッチをスライドさせてから再度挿入してください。
装置のメモリカードスロットにほこりが付着していないか確認してください。ほこりが付着しているときは,乾いた布などでほこりを取ってから再度MCを挿入してください。
The memory card was not found. MCが搭載されていません。
MCが正しく装置に挿入されているか確認してください。
装置のメモリカードスロットにほこりが付着していないか確認してください。ほこりが付着しているときは,乾いた布などでほこりを取ってから再度MCを挿入してください。

[注意事項]

  1. mc-fileパラメータは,MCが入っていない場合は指定できません。また,-rオプションは併用できません。
  2. mc-fileパラメータを指定すると,コマンド実行中は装置のACC LEDが点灯します。ACC LED点灯中はMCを抜き挿ししないでください。
  3. ファイル名またはディレクトリ名に特殊文字が含まれている場合,コマンドが入力できないなどエラーとなることがあります。このときは,<file name>にアスタリスク(*)を指定して,対象のファイルを確認しながら削除してください。

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.