運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


set exec-timeout

自動ログアウトが実現されるまでの時間(分単位)を一時的に変更します。

[入力形式]

set exec-timeout <minutes>

[入力モード]

一般ユーザモードおよび装置管理者モード

[パラメータ]

<minutes>
自動ログアウト時間(単位は分)を指定します。指定できる値の範囲は0〜60です。
0を指定すると自動ログアウトしません。

[実行例]

自動ログアウト値を30分に設定します。
> set exec-timeout 30

[表示説明]

なし

[通信への影響]

なし

[応答メッセージ]

表3-1 set exec-timeoutコマンドの応答メッセージ一覧

メッセージ 内容
The command is not authorized by the RADIUS/TACACS+ server or the configuration. このコマンドはRADIUSサーバ,TACACS+サーバ,またはコンフィグレーションで承認されていません。

[注意事項]

  1. 本コマンドは該当するセッションだけを一時的に変更し,ログアウトすると無効になります。設定を常に有効にしたい場合は,コンフィグレーションコマンドusernameでexec-timeoutパラメータを設定してください。

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.