運用コマンドレファレンス Vol.1

[目次][索引][前へ][次へ]


コマンドの記述形式

各コマンドは以下の形式に従って記述しています。

[機能]

コマンドの使用用途を記述しています。

[入力形式]

コマンドの入力形式を定義しています。この入力形式は,次の規則に基づいて記述しています。

  1. 値や文字列を設定するパラメータは,<>で囲みます。
  2. <>で囲まれていない文字はキーワードで,そのまま入力する文字です。
  3. {A|B}は,「AまたはBのどちらかを選択」を意味します。
  4. []で囲まれたパラメータやキーワードは「省略可能」を意味します。
  5. パラメータの入力形式を,「パラメータに指定できる値」に示します。

[入力モード]

コマンドを入力できる入力モードを記述しています。

[パラメータ]

コマンドで設定できるパラメータを詳細に説明しています。「すべてのパラメータ省略時の動作」とした項目では,省略可能なパラメータをすべて同時に省略した場合の動作について説明しています。

「本パラメータ省略時の動作」とした項目では,パラメータ単位に省略した場合の個別の動作について記述しています。また,複数のパラメータについて,パラメータ単位に省略した場合の個別の動作を「各パラメータ省略時の動作」とした項目にまとめて記述することがあります。

[実行例]

コマンド使用方法の例を適宜に挙げています。

[表示説明]

実行例で示す表示内容についての説明を記述しています。

各コマンドの[実行例]で,コマンドの実行直後に表示されるDate表示の説明を,次の表に示します。

表1-1 コマンド受付時刻表示

表示項目 表示内容 意味
Date yyyy/mm/dd hh:mm:ss timezone 年/月/日 時:分:秒 タイムゾーン
コマンドを受け付けた時刻を表示

本装置は,コンフィグレーションで設定されたインタフェースに対して,対応する名称を付与します。コマンドの実行結果を表示する際,レイヤ1/2の情報を表示するときはポート名を使用して,レイヤ3の情報を表示するときはレイヤ3インタフェース名を使用します。[表示説明]に<interface name>と記載されている場合,本装置は次の表に示すインタフェース名を表示します。

表1-2 入力形式に対して付与するインタフェース名一覧

入力形式 インタフェース名<interface name>
ポート名 レイヤ3インタフェース名 数値
interface gigabitethernet geth1/1 Eth1/1 <nif no.>/<port no.>
interface tengigabitethernet tengeth1/1 Eth1/1 <nif no.>/<port no.>
interface fortygigabitethernet ftygeth1/1 Eth1/1 <nif no.>/<port no.>
interface hundredgigabitethernet hndgeth1/1 Eth1/1 <nif no.>/<port no.>
interface gigabitethernet
(サブインタフェース)
Eth2/1.5 <nif no.>/<port no.>.<subinterface index>
interface tengigabitethernet
(サブインタフェース)
Eth2/1.5 <nif no.>/<port no.>.<subinterface index>
interface fortygigabitethernet
(サブインタフェース)
Eth2/1.5 <nif no.>/<port no.>.<subinterface index>
interface hundredgigabitethernet
(サブインタフェース)
Eth2/1.5 <nif no.>/<port no.>.<subinterface index>
interface port-channel ChGr10 <channel group number>
interface port-channel
(サブインタフェース)
ChGr10.1 <channel group number>.<subinterface index>
interface vlan VLAN0002 <vlan id>
interface loopback loopback0 0または<loopback id>
interface null 0 null0 0
interface mgmt 0 MGMT0 0
interface async 1 ASYNC1 1

[通信への影響]

コマンドの設定によって通信が途切れるなど通信に影響がある場合,本欄に記述しています。

[応答メッセージ]

コマンド実行後に表示される応答メッセージの一覧を記述しています。

本装置は,コンフィグレーションで設定されたインタフェースに対して,対応する名称を付与します。[応答メッセージ]に<interface name>と記載されている場合,本装置は「表1-2 入力形式に対して付与するインタフェース名一覧」に示すインタフェース名を表示します。

[注意事項]

コマンドを使用する上での注意点について記述しています。

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2014, 2018, ALAXALA Networks, Corp.