JP/EN

鉄道技術展2019

アラクサラネットワークスは、鉄道・交通システムやインフラ技術、運行管理等、あらゆる鉄道分野の技術が横断的に会する総合見本市である「鉄道技術展」に出展します。
鉄道技術展では、交通系ICカードの相互利用、駅構内の音声案内システムや遅延情報のリアルタイム配信など、鉄道システムを支えるネットワークの管理を高度化、効率化するソリューションなどをご紹介いたします。

開催要項

日時 2019年11月27日(水)-29日(金) 10:00〜17:00
場所 幕張メッセ 5・6・7・8ホール(千葉市美浜区)
主催 フジサンケイ ビジネスアイ
入場料 事前登録者は無料
公式サイト 事前登録はこちらから

展示内容(ブース番号K-18

各駅を結ぶ広域ネットワークの現状把握

各駅を結ぶ広域ネットワークでは様々なシステム(サービス)の通信が相乗りしております。
ネットワーク全体だけでなく、システム毎、システムに繋がっている端末毎等のトラフィック量の可視化によりサービスの提供状況の把握を容易にするソリューションをご紹介します。

鉄道システムを支えるネットワークの管理業務の効率化

多様なサービスが集約される鉄道ネットワークにおいては、サービス毎の通信の分離は必要です。
各システムの独立性を確保するためのネットワーク構築を容易にするソリューション及び鉄道職員様が使用する端末がどの駅のどの場所から接続したかを把握するソリューションをご紹介致します。

厳しい設置環境でも安定動作する耐環境スイッチ

空調の行き届かない場所や無人駅など、厳しい環境に適した耐環境スイッチ等、新製品をご紹介致します。

ご質問・資料請求・⾒積依頼など
以下のフォームより
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

ページトップへ戻る