JP/EN

Security Days Fall 2017

アラクサラネットワークスは、最新のセキュリティ脅威動向と対策が集結したイベント「Security Days Fall 2017」にて、「感染端末を検出して、通信を自動遮断!国内メーカーのタッグで実現するサイバー攻撃自動防御ソリューションの提案」と題した講演を行います。

開催要項

日時 2017年9月27日(水)-29日(金)
場所 JPタワーホール&カンファレンス(KITTE 4F)(東京都千代田区)
主催 株式会社ナノオプト・メディア
入場料 無料(事前登録制)
公式サイト お申込はこちらから

当社講演内容(セッション番号:A2-10)

開催日時:9月28日(木)17:00-17:40
タイトル:感染端末を検出して、通信を自動遮断!
     国内メーカーのタッグで実現するサイバー攻撃自動防御ソリューションの提案

講演者:アラクサラネットワークス(株)ネットワークシステム部 マネージャ 小林 春樹
講演概要:
サイバー攻撃は、近年ますます巧妙化しており、組織内へのマルウェアの侵入を完全に防ぐことは困難になりつつあります。
インシデントの早期発見と迅速な初動対応による被害の最小化を図ることが課題となっています。
本セッションでは、「セキュリティ製品との連携によりマルウェアに感染した端末を検出」、「感染端末がネットワーク内を移動しても、追従して遮断」、「通信を遮断した感染端末のブラウザ画面上に警告表示」といった、特長のあるサイバー攻撃自動防御ソリューションをご紹介します。

ご質問・資料請求・⾒積依頼など
以下のフォームより
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

ページトップへ戻る