JP/EN

サイバーセキュリティセミナー サイバーセキュリティ経営と多層防御

アラクサラネットワークスは、「ネットワークスイッチから支えるセキュリティ」と題して、スイッチならではのセキュリティ対策を解説するとともに、ネットワークフォレンジックス/マルウェア検知の連携によるサイバー攻撃自動防御ソリューションについて紹介します。

開催要項

日時 2016年7月15日(金)14:00-17:00 (受付開始 13:30)
場所 大崎・ゲートシティホール 「ホールA」
東京都品川区大崎1-11-1(ゲートシティ大崎B1F)
地図(新規ウィンドウを表示)
主催 トーテックアメニティ株式会社
費用 無料
内容

共通テーマ:サイバーセキュリティ経営と多層防御

  1. 【基調講演】
    2015年11月に発表した、「高度サイバー攻撃への対処におけるログの活用と分析方法」及び、高度サイバー攻撃への備えと対処について解説
    講師:洞田慎一 氏(一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター 早期警戒グループ マネージャ)
  2. テーマ【未知のマルウェアの検知と防御】
    昨今の脅威動向から、未知のマルウェアの検知と防御の重要性を解説。エンドポイント対策、及びサンドボックス技術の活用方法を解説。
    講師:金居良治 氏(株式会社FFRI 取締役最高技術責任者)
  3. テーマ【ネットワークスイッチから支えるセキュリティ】
    スイッチならではのセキュリティ対策を解説するとともに、ネットワークフォレンジックス/マルウェア検知の連携によるサイバー攻撃自動防御ソリューションについて紹介。
    講師:小林春樹 氏 (アラクサラネットワークス株式会社 マーケティングG)
  4. テーマ【ログとネットワークフォレンジックスを組み合わせたサイバー攻撃の分析】
    ログとネットワークフォレンジックスを組み合わせた多層防御の実現について解説。
    講師:藤原礼征(トーテックアメニティ株式会社 トーテックサイバーセキュリティ研究所 所長)
  5. パネルディスカッション
    「サイバーセキュリティ経営と多層防御」をテーマに、セキュリティ製品の利用者と提供者の立場から、これからの多層防御について考える
お申込
ご質問・資料請求・⾒積依頼など
以下のフォームより
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

ページトップへ戻る