JP/EN

第7回インターネットと運用技術シンポジウム(IOTS2014)~ビッグデータ時代のインターネットの運用管理と多様なサービスを考える~

近年、簡易投稿サービスやSNS等誰もが気軽に情報発信できるサービスが増加し、コンピュータの小型化やスマートフォン、タブレット端末の普及と相まって利用者が急増しています。また、センサーネットワークをはじめとするいわゆるIoT (Internet of Things)やM2M (Machine to Machine) の発達により、そのようなインターネットサービスの利用形態も多種多様化しています。
現在インターネット上にはこれらのサービスによって生成される多様で膨大な量のデータ (いわゆるビッグデータ) が行き交っています。ビッグデータの活用により、個々人のニーズに合ったサービスの提供、気象予測への応用など、様々なサービスや産業が創出されています。一方でビッグデータは、その誤用や悪用によりプライバシーの侵害や企業・社会へ甚大な被害をもたらす可能性もはらんでいます。
本シンポジウムは、ビッグデータを安全に活用しつつサービスを提供することの可能性や具体的な手法、ビッグデータの内包する脅威に対してどのように対応すべきか等を議論し、社会基盤としてのインターネットの構築、運用や研究に寄与することを目的とします。
本イベントにてアラクサラは、ハイエンドコアスイッチ「AX8600S」の展示を行います。

開催要項

日時 2014年12月4日(木)、5日(金)
会場 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市野路東1-1-1)
主催 情報処理学会 インターネットと運用技術研究会
公式サイト
ご質問・資料請求・⾒積依頼など
以下のフォームより
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

ページトップへ戻る