本文へジャンプ

JP/EN

Interop Tokyo 2010

出展のご報告

出展コンセプト

クラウド時代では、ビジネスを進める上で必要なアプリケーションをネットワーク経由で利用するようになるため、ネットワークに対して今まで以上の安定性と運用性が求められます。
アラクサラネットワークスは、「クラウド時代のギャランティードネットワーク」というテーマのもと、仮想化、フォールトトレラント、グリーンIT、モニタリングに関する新製品や新技術を出展致しました。

Interop Tokyo 2010 『Best of Show Award』受賞

「Interop Tokyo 2010」の 『Best of Show Award』にて、プロダクトアワード部門:中小企業向けネットワークインフラ構築製品にてグランプリ、プロダクトアワード部門:ネットワークマネジメント関連製品にて特別賞を受賞させて頂きました。

プロダクトアワード部門:中小企業向けネットワークインフラ構築製品

グランプリ

AX1250Sは、業界初の、動作温度50℃対応とファンレスを両立させた24ポート収容インテリジェントギガビットL2スイッチとなっております。
倉庫や工場、鉄道、道路など空調の完備していない環境条件の厳しい場所でも設置することが可能です。
一般に耐環境スイッチは適用領域が特殊であるため通常のL2スイッチに比べて機能面で劣る場合が多いが、AX1250Sは通常のL2機能は当然のことながら、認証機能、リング、EthenetOAM、netconfなど先進の機能を備えており、企業や大学でも十分に適用でき、フロアスイッチの設置条件を大幅に緩和できるというメリットがあります。

プロダクトアワード部門:ネットワークマネジメント関連製品

  • 【特別賞】Aggregated Flow Mining AF1

特別賞

AF1は、大容量トラフィックデータに対してノン・サンプリングでデータマイニング処理を施す新しい技術「フローマイニング」を採用したトラフィックモニタ装置となっております。
フローマイニングにより10Gbps回線のトラフィックからリアルタイムで、特徴的な振る舞いを持つフローを識別することができます。
そのため、キャリア/ISP,データセンタなど多量のフローが流れるネットワークにおいて、異常フローによる障害の原因追求からトラブル解決までの時間を短縮でき、ネットワークの速度低下や停止といった問題の発生を最小限に抑えた、安定でユーザ満足度の高いネットワークサービスが提供可能となります。

「クラウド時代のギャランティードネットワーク」をテーマにしたブースセミナー

  1. クラウド時代のギャランティード・ネットワーク
    ITをサービスとしてネットワーク経由で利用するクラウドの利用拡大とともに、ネットワークの重要性はますます高まる中、クラウド時代のネットワーク要件を満たす「ギャランティード・ネットワーク」についてご紹介しています。
  2. セキュリティと運用性を両立させるシンプルなユーザネットワーク ~仮想ネットワークの活用事例~
    クラウド化によって機器のコストが下がる反面、セキュリティや運用性の両立は非常に困難になっていきます。この課題に対し、ネットワーク仮想化ソリューションである「ネットワーク・パーティション」がどう活用できるのか、実際のユーザ事例を交えながら紹介しています。
  3. 新製品 AX2530S で進化するフォールト・トレラント・ネットワークの提案
    ネットワークの信頼性確保がビジネスにおける至上命題になりつつある昨今、シンプルな高信頼システムである「フォールト・トレラント・ネットワーク」を更なる進化に導く新製品 AX2530S をご紹介しています。
  4. トラフィック量に応じて自動的に省エネ! さらに進化したダイナミック省電力システム
    企業やネットワーク機器に対する省エネ規制が高まる中、新しいアプローチでネットワークの省電力化を実現する「ダイナミック省電力システム」について新機能であるトラフィック量に応じた自動制御などを中心にご紹介しています。
  5. ネットワークの異常をリアルタイムに発見 ~フローマイニング技術の御紹介~
    大容量トラフィックデータに対してノン・サンプリングでデータマイニング処理を施す新しい技術「フローマイニング」についてご紹介しています。
  6. OANで実現するマネージャブルな仮想化ネットワーク
    仮想環境における構成情報の可視化やリソース情報の可視化を実現するOpen Autonomic Networking(オープン・オートノミック・ネットワーキング)のコンセプトについてご紹介しています。
  7. 「認証スイッチによるMACアドレス認証」適用時の課題と対策
    株式会社日立システムアンドサービス様のオープンネット・ガードとアラクサラAXシリーズの連携による、社内ネットワークへの不正接続の防止についてご紹介しています。

業界有識者によるスペシャルセミナー

  1. ネットワークノードの高度化が切り拓く新しいネットワーク設計 -進化するネットワーク仮想化ー
    東京大学大学院 情報学環 准教授 中尾 彰宏 氏
  2. クラウドコンピューティングとその先を切り拓くネットワーク技術
    株式会社日立製作所 中央研究所 新ICTプラットフォームプロジェクト 部長 西村 信治 氏

セミナー資料をご覧になりたい方は、弊社宛にお問い合わせ願います。

会場風景

当日の会場の様子をご覧いただけます。(下記番号をクリック)

会場風景 会場風景1 会場風景2 会場風景3 会場風景4 会場風景5 会場風景6 会場風景7

ご質問・資料請求・⾒積依頼など
以下のフォームより
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

ページトップへ戻る