運用コマンドレファレンス Vol.2

[目次][索引][前へ][次へ]


show web-authentication

Web認証のコンフィグレーションを表示します。

[入力形式]

show web-authentication

[入力モード]

装置管理者モード

[パラメータ]

なし

[実行例]

[表示説明]

表6-14 Web認証のコンフィグレーションの表示内容

表示項目 意味 表示詳細情報
Authentic-mode 認証モード Web認証機能での認証モード
Legacy:レガシーモード
Dynamic-VLAN:ダイナミックVLANモード
Static-VLAN:固定VLANモード
Authentic-method 認証方式 Web認証機能での認証方式
Local:ローカル認証
RADIUS:RADIUS認証
Accounting-state アカウンティングサーバの使用可否 Web認証機能でのアカウンティングサーバの使用可否
enable:アカウンティングサーバ使用可
disable:アカウンティングサーバ使用不可
 Max-timer 最大接続時間 ログインユーザの最大接続時間(分単位)
 Max-user 最大認証ユーザ数 Web認証機能にログインできる最大認証ユーザ数
 VLAN Count VLAN総数 Web認証のレガシーモード時に登録されているVLANの総数
なお,レガシーモード以外の場合には"−"を表示します。
 Auto-logout MACアドレスエージングによる強制ログアウトの可否 Web認証機能のレガシーモードおよびダイナミックVLANモード時でのMACアドレスエージングによる強制ログアウト機能の使用可否
enable:強制ログアウト使用可
disable:強制ログアウト使用不可
なお,固定VLANモードでは"−"を表示します。
Syslog-send syslogサーバ出力機能の使用状態 Web認証動作ログをsyslogサーバに出力する機能の使用状態
enable:使用
disable:未使用
Alive-detection 使用状態 Web認証の固定VLANモードで認証されている端末の切断検出時に認証を解除する機能の使用状態
enable:使用
disable:未使用
 timer 監視パケットの送出間隔 Web認証で認証されている端末の切断検出用の監視パケットの送出間隔を秒単位で表します。
 interval-timer 監視パケットの再送間隔 端末からの監視パケットが返送されなかった後の監視パケットの再送間隔(秒単位)
 count 監視パケットの再送回数 Web認証で認証されている端末の切断検出用の監視パケットの再送回数
URL-redirect 使用状態 Web認証ダイナミックVLANモードによるURLリダイレクト動作の使用状態
enable:使用
disable:未使用
 Protocol http/https種別 端末に表示するログイン画面種別
http:httpでログイン画面を表示
https:httpsでログイン画面を表示
Jump-URL 認証後ジャンプURL Web認証成功後にジャンプするURL
Web-IP-address IPアドレス Web認証専用のIPアドレス
FQDN FQDN設定 設定されたFQDN(Fully Qualified Domain Name)
FQDNが設定されていない場合は"−"を表示します。
Web-port 通信ポート Webサーバの通信ポート番号
 http httpポート httpプロトコル通信用ポート番号
 https httpsポート httpsプロトコル通信用ポート番号
Redirect-vlan VLAN情報 URLリダイレクトを設定したVLAN ID
Access-list-No. アクセスリスト アクセスリスト番号またはアクセスリスト名称
設定されない場合は"−"を表示します。
VLAN Information VLAN情報 Web認証に登録されているVLANの詳細情報
 Port ポート情報 VLANに組み込まれているポート番号
 VLAN ID VLAN情報 Web認証に登録されているVLAN ID
 Native VLAN ネイティブVLANのVLAN ID ダイナミックVLANモードのポートに設定されたネイティブVLANのVLAN ID

[通信への影響]

なし

[応答メッセージ]

表6-15 show web-authenticationコマンドの応答メッセージ一覧

メッセージ 内容
Can't execute this command in standby system. 本コマンドは待機系システムでは実行できません。
Can't execute. コマンドを実行できません。再実行してください。
Connection failed to WA program. Web認証プログラムとの通信が失敗しました。コマンドを再実行してください。頻発する場合は,restart web-authenticationコマンドでWeb認証プログラムを再起動してください。
WA is not configured. Web認証機能が設定されていません。コンフィグレーションを確認してください。

[注意事項]

なし

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved, Copyright(C), 2006, 2011, ALAXALA Networks, Corp.