スマートビル

最先端のITを活用したビルオートメーション(BA)は、これからの都市計画や社会インフラを構築する上で、重要なファクターとなっています。
「スマートビル」とも呼称される、この現代のビルは、巨大な機械と言っても過言ではありません。監視カメラや入退室管理などのセキュリティをはじめ、照明、空調、防災などの設備が相互に連携しながら、休みなく稼働しています。加えて、デジタルサイネージやビデオ会議などの利用も急速に拡大しており、ビルの複合化・大規模化に拍車がかかっています。
通常、これらの設備システムは独立して構成されているため、大規模化されたビルでは、設備重複によるムダが無視できないレベルになりつつあります。コストの課題を解決し、ビルの付加価値を向上する手法として、いま「統合ネットワーク」が大きな関心を集めています。

ビルオートメーションのIT化を成功に導くポイント

  • 「統合ネットワーク」最大の課題、システム間のセキュリティを低コストで確保
  • ビルオートメーションを止めない、可用性と信頼性のあるネットワーク
  • 従来より電力需要が大きいため、不要な部分は可能な限り電力をカット

統合時の課題であるシステム間のセキュリティを、仮想ネットワークで確保

監視カメラや入退室管理など、複数のシステムを単一のネットワークに統合することは、コスト削減・利便性向上・省エネ化などのメリットをもたらします。反面、各システム間のセキュリティ確保は難しくなるため、何らかの対策が必要となります。そのための追加投資は、ビルのオーナーにとって大きな負担となることも、見逃してはいけません。
仮想化ソリューションの「ネットワーク・パーティション」なら、ネットワークを論理的に分割することで各システムの独立性を維持します。「統合ネットワーク」において、物理的に分離した場合と同レベルのセキュリティを確保することができます。
また、LANスイッチの既存技術を使ったソリューションなので、特別な専用装置は不要。運用管理も大きな手間はかからないため、イニシャルコスト/ランニングコストの両面で、追加の投資を最小限に抑えることができます。

システムダウンはビルの凍結。万が一の時にもシステムを停止させない、フォールト・トレラント・ネットワーク(FTネットワーク)

ビルにはエレベーターや空調管理などの私たちが日常使用している設備に加え、監視カメラや入退室管理などの防犯上重要な設備も存在します。これらの設備は「統合ネットワーク」に接続されているため、ネットワーク障害は直ちに復旧させる必要があります。

アラクサラのフォールト・トレラント・スイッチ(FTスイッチ)はマルチキャストのノンストップフォワーディングに対応しているため、万が一の障害時でも、監視カメラなどのサービスに影響を与えることなくネットワークを復旧することが可能です。1台の装置に2台分の機能を実装し、障害時はハードウェアによる高速切替(50ms)で瞬時の復旧が可能なため、ビルネットワークのコアスイッチとして最適です。

ビルにも休息は必要。不在フロアや夜間など、無駄な電力を自動でカット

ビルオートメーションの進化は、省エネ化の推進にも寄与しています。例えば、センサーで誰もいない部屋を感知し、照明を自動でオフにすることができます。この考えをネットワークにも適用し、使わない時間帯(夜間や休日など)は自動でムダな電力をカットするのが、アラクサラのダイナミック省電力システムです。
コアスイッチの場合であれば、トラフィック量が少なくなったら自動で性能を落として電力をカット。フロアや会議室に設置されたスイッチは、利用者がいなくなったことを自動で検知して、スリープ状態へ移行することもできます。ダイナミック省電力システムの活用により、ビルオートメーションの節電対策にネットワークのオプションが追加されるのです。

ビルオートメーションの長期運用をサポート

ビルの建物自体に比べ、IT機器の保守期間は短いものです。ビルの付加価値を長く維持するためには、「ロングライフソリューション」が最適です。最長10年間の長期サポートと、良好な温度環境の維持を支援する機能の提供により、ネットワークの長期安定稼働を実現します。

監視カメラ映像を鮮明にし、ビルの安全を維持

セキュリティの面から、トラフィックが集中した場合でも、監視カメラ映像のパケットを廃棄するわけにはいきません。アラクサラのスイッチは、きめ細かくシステム毎に帯域を設定可能です。監視カメラの帯域を保証することで、映像の途切れや遅延を防止することができます。

監視カメラや無線APの収容に最適なギガPoEスイッチ

監視カメラや無線APを収容するには、PoE対応のスイッチが求められます。ギガビットに対応したPoEスイッチであるAX2230Sは、次世代規格のIEEE802.1acでもパフォーマンスを十分に発揮することが出来ます。

ネットワーク構成イメージ

スイッチ

L3シャーシ

AX6700S/
AX6600S/
AX6300Sシリーズ

キャリアクラスの高信頼・高機能はそのままに、「止まらないネットワーク」を実現するエンタープライズ向け10ギガビットスイッチ。

統合ネットワークのセキュリティ確保、高信頼コアスイッチ(FTスイッチ)、3000台もの監視カメラを収容可能。

L3ボックス

AX3800Sシリーズ

中小規模ネットワークのコアスイッチや高速大容量化の著しいデータセンターに最適な、10G多ポート収容ボックス型レイヤ3スイッチ。

統合ネットワークのセキュリティ確保、高信頼コアスイッチ(スタック機能)。

AX3600Sシリーズ

基幹ルータの高信頼・高機能をコンパクトに凝縮し、コアから拠点接続まで幅広いシーンに最適なギガビットレイヤ3スイッチ。

統合ネットワークのセキュリティ確保、高信頼コアスイッチ(スタック機能)。

L2ボックス

AX2500Sシリーズ

フロアからディストリビューションまでレイヤ2環境のあらゆる悩みを解決する、高機能と高信頼性をめざしたハイエンドのギガビットレイヤ2スイッチ。

高信頼フロアスイッチ(スタック機能)、省エネ。

AX2200Sシリーズ

高速性とハイコストパフォーマンスを両立した、モバイル環境のフロアスイッチに最適なギガビットレイヤ2スイッチ。

監視カメラの収容に最適(PoE対応)、省エネ。

AX1200Sシリーズ

エッジネットワークで強固なセキュリティを確立する、フロアスイッチに最適なファーストイーサネット・レイヤ2スイッチ。

監視カメラの収容に最適(PoE対応)、省エネ。

ネットワークマネジメント製品

Open Autonomic Networking (OAN)

OAN(Open Autonomic Networking)コンセプトに基づく先進の管理ツール群。ネットワークを統合的・効率的にマネージメントできる機能と、わかりやすいGUIによる高度な作業の自動化により、運用性を飛躍的に向上。

セキュア仮想ネットワーク
セキュリティインシデントの効果的な防止策は、ネットワークのセキュリティレベルを仮想化技術により、高度に確保することで対応できます。
ネットワークの仮想化
ネットワークの仮想化を低コストで実現し、セキュリティの確保、運用管理の負荷を低減する「ネットワーク・パーティション」。
フォールト・トレラント・ネットワーク
「止まらないネットワーク」を実現するフォールト・トレラント・ネットワーク(FTネットワーク)。システムの信頼性を高め、かつシンプルなネットワークを構築することができます。
ダイナミック省電力システム
必要なとき必要な部分に電力供給し、不要な部分は電力供給を削減・停止して、ムダな電力消費を抑えます。システム全体の省電力化を目指した先進的な技術です。
省エネ法への取り組み
アラクサラは、環境技術への先駆的・継続的な取組みにより、省エネ法をいち早く遵守し、トップランナー基準をクリア。これにより、大きな節電効果を得ることができます。
ロングライフソリューション
長期使用のニーズに応え、設備投資の低減や環境負荷軽減を実現するロングライフソリューション。最長10年の長期稼動が可能です。
PoE (Power over Ethernet)
LAN ケーブルで電力を供給することで、高速無線アクセスポイントや IP電話、監視カメラなどの敷設時に電源工事が不要になります。