アラクサラネットワークスは、「IoT」「クラウド」「安全な社会」をキーワードに、ネットワークが日本のインフラの安全をどのように守っていくか、その具体的な取り組みをご紹介いたします。情報は順次アップデートしますので、御期待ください。

開催概要

会期 展示会:2017年6月7日(水)-9日(金)
場所 幕張メッセ(千葉市美浜区)
公式サイト https://interop.jp/ (新規ウィンドウを表示)
公式サイトからの事前登録により入場料無料
アラクサラブースNo 4N21(ホール4)

展示内容

「ネットワーク」×「セキュリティ」で、
アラクサラが日本のインフラの安全を守ります!!

サイバー攻撃自動防御ソリューション
OA/OTネットワークを統合的に守るマルウェア拡散検知ソリューション
広域仮想ネットワークソリューション
監視カメラネットワークソリューション

プレゼンテーションステージのご紹介

業界有識者によるセミナーを開催いたします。

【特別講演】
6月7日(水)14:00-14:30
一般財団法人インターネット協会 理事長・IoT推進委員長
藤原 洋 様
6月8日(木)14:00-14:30
慶應義塾大学 環境情報学部 教授
中村 修 様
6月9日(金)14:00-14:30
奈良先端科学技術大学院大学(NAIST) 情報科学研究科 教授
門林 雄基 様
【ソリューションセミナー】
・東陽テクニカ
・トーテックアメニティ
・トレンドマイクロ
・日立製作所(ディフェンスビジネスユニット)
・ブレインズテクノロジー

※50音順

※展示内容ならびにスピーカーは変更の可能性がございます。

上記の他、アラクサラの最新ソリューションセミナーもあわせて開催いたします。

出展企業各社からエントリーされる選りすぐりの新製品を、有力メディア各社のキーマンと、学術界の識者によって編成される審査委員会が審査し、「今年の一品」を決定「Best of Show Award」。
アラクサラからは、以下のソリューションがファイナリストとして選出され、クラウドプラットフォーム部門で審査員特別賞を受賞しました。

【審査員特別賞】
■クラウドプラットフォーム部門■
遠隔モニタリングを可能にするボックス型レイヤ3スイッチAX3660S

【審査員講評】
sFlow/NetFlow では実現できなかった、遠隔(リモート)でのパケット全体のモニタリングをフィルタとVXLANカプセリングの組み合わせで可能とした点が最大の受賞理由です。
特にフィルタリング付きミラーリング機能というものは、遠隔モニタリングを行う上で、パケット量を制限するのに非常に有効であると高く評価しました。
かつ、データセンターで利用されるトップオブラックスイッチに最適な1Uサイズの装置で実現したという点も、評価のポイントになりました。

【ファイナリスト】
■セキュリティ部門■
次世代ミラーリングにより最適化可能な標的型攻撃防御ソリューション

【ファイナリスト】
■IoT/M2M部門■
高度なネットワーク機能を提供する新プラットフォームAX260A

会期中、多くの方にご来場いただきました。ありがとうございました。

■写真で見るアラクサラ

Best of Show Award

クラウドプラットフォーム部門で審査員特別賞を受賞しました。

 

 

展示

次世代監視カメラネットワークソリューション〜サイバー攻撃から監視カメラシステムの守り方〜

 

 

ホワイトリスト機能で作るセキュアIoTネットワーク〜サイバー攻撃から IoTデバイスを守る〜

 

 

データセンタートラフィックモニタリングソリューション

次世代ミラーリングを活用した標的型メール対策ソリューション〜フォレンジックス /未知マルウェア検知と連携したネットワーク自動防御〜

セキュリティ融合型ネットワーク〜コアスイッチでネットワーク&セキュリティを一元管理〜

【技術検証】サイバー攻撃統合分析プラットフォーム連係セキュリティ

【参考出展】ネットワークスイッチの物理セキュリティソリューション〜入退出管理との連携〜

ShowNet

AX260Aのホワイトリスト機能により、マネジメントネットワークからのミラーパケットを受信して通信監視を行った他、バックボーンルータ、Serviceセグメントの集約L3スイッチとして、AX8600R、AX8300Sが稼動しました。